2018年 12月 の投稿一覧

VIO脱毛の知識がない女性へ

肌というのは、若さと健康のバロメーター。年齢を重ねると免疫力が落ち、そのうえに体内で作られる様々な物質も欠乏気味になります。
それが端的に現れるのが肌の衰え。シワやシミは体の機能が旺盛でなくなった証拠といえます。

多くの男性がいくつになっても若い女性に惹かれるのは、生物としての本能がその健康さに反応する、という一面があります。それを直感的に察知している10代20代の女の子たちは盛んに肌を露出する服装をし、男性の目を引きつけようとするわけです。

また、多くの視線を浴びれば気分も高揚してくるものです。それがさらに「肌を見せつけよう」という気持ちにさせるのでしょう。

ただ、ピチピチした健康的な肌を見せつけるのはいいのですが、その時に注意しないといけないのが、知らないうちに伸びてくるムダ毛の存在。

処理を抜かりなくおこなっていないと見栄えが悪いですし、美しい肌に目を向けた男性からも「あんなに見せびらかしているくせに手入れをロクにしてないのか」と軽蔑されかねません。

ただ、カミソリや毛抜きでの自己処理は時間がかかってウンザリ、という女性も少なくないでしょう。そんな女性の助けになるのが、寝たり座ったりしているだけでムダ毛を処理してもらえるサロンやクリニック。
タレントを起用したテレビCMもよく目にするので、脱毛に興味がなくても有名店の名前は多くの人が知っています。

実は、脱毛がこれほど一般化したのは近年になってから。昔は「針を毛穴に突き刺して電気を流す」という手間のかかる施術方法を取っていたこともあり、その料金も相当高額でした。そのせいで「ヒマとカネを持て余したマダムがおこなう美容法」というイメージがついていたのです。

しかし、レーザー技術の発達とともにそれを応用した新方式の脱毛マシンが発明され、料金も以前とは比べ物にならないほどお安くなりました。脱毛希望者の増加に応えようと新規サロンやクリニックが毎月のようにオープンし、値引きキャンペーンも活発におこなわれています。

また、脱毛方法も日々改良されているため、施術できる部位も増加。
昔は人目にさらされるワキ、脚、腕などがメインだったのですが、現在では新しいパーツとして「VIO」が人気を呼んでいます。

それを聞いて「え、VIOなんて聞いたことがない」という女性もいるでしょう。確かに脱毛人口は大変な勢いで拡がっているのですが、サロンや専門クリニックとはまだまだ無縁という人も多いのですから当然のことです。

そこでこのページを始めてみました。VIOの説明にはじまって、その脱毛に関する基本的な情報、料金はいくらか、施術の手順などを紹介し、あわせて脱毛一般のトピックも解説しています。

「VIO」とは、身体のどの部分を指すのか?

街角インタビューのかたちで「VIOとは何?」と質問すると、脱毛の知識がない人は「ノートパソコンの名前」と返答することが多いかもしれません。

もちろんVIOはパソコンとは関係がなく、実は美容関係の宣伝などで「デリケートゾーン」と呼ばれる部位、つまり股間から女性器を経て肛門に至る一帯を指します。

V、I、Oの3つにはそれぞれ以下のような意味があります——

・Vライン……足の付け根と股間底部のトライアングル。「ビキニライン」という別名もある。
・Iライン……女性器の両サイドに沿った帯状の部位
・Oライン……肛門を囲む半径2センチほどの円形。別名「ヒップ奥」。

VIOという名前は、それぞれ部位に形が似ているアルファベットをあてはめたもの。別に外国語の単語の頭文字ではありません。

というわけで、簡単に言ってしまえば「VIO」を脱毛するのは、アンダーヘアーを脱毛することを指します(また、VIOに関しては「ハイジニーナ」という造語もよく用いられます。これはVIOの全てを完全なツルツルの状態に脱毛することです)。

かつて「欧米では映画女優やモデルの間で、デリケートゾーンの脱毛をするのが流行っている」というニュースが報道された時は、セレブが実践している一風変わった美容法、という印象がありました。

ところがそれから月日が経過し、日本でもVIO脱毛はすっかり一般化しました。「脱毛を考えている」という女性に「最初に施術を希望する部位は?」と質問してみると、ワキに続いてVIOをあげることが多いようです。

ただ上述のようにVIOというのは3つのラインをまとめて呼んだ名前です。実際に施術する時は、3つのうちの一つだけを脱毛、というプランも可能です。

各店舗や医院でのVIO脱毛の費用はどれくらい?

脱毛を考えた時、まず調べたくなるのはその料金でしょう。

条件によって料金には相当な違いが出てきますが、このセクションでは「VIOラインをすべて脱毛するプラン」の料金を一覧にしてみます。

まずはサロンの場合からです。

有名店舗の施術料は以下のようになっています——

減毛程度に施術回数を抑える

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回なので、1回の施術料は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回なので、1回の施術料は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回なので、1回の施術料は8,640円)

ツルツルの無毛状態にしてしまう

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回なので、1回の施術料は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回なので、1回の施術料は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回なので、1回の施術料は9,180円)

続いて医療クリニックの場合。

有名クリニックの施術料は以下のようになっています——

減毛程度に施術回数を抑える

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回なので、1回の施術料は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回なので、1回の施術料は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回なので、1回の施術料は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回なので、1回の施術料は18,540円)

ツルツルの無毛状態にしてしまう

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回なので、1回の施術料は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回なので、1回の施術料は11,610円)

(リゼクリニック、城本クリニックについては、8、9回のプランなし)

こうして並べてみると、サロンは施術回数が多いこともあって料金が高め。

普通は施術料が高額とされるクリニックの方が、VIOに関してはリーズナブルなことがわかります。

このうちでは湘南美容外科が特別格安なので、VIO脱毛するならおすすめです。

なぜVIO脱毛は、他の部位より施術時の痛みが激しいの?

VIO脱毛をしてもらった人にアンケートをとると、実に90%が「施術の際、痛みを感じた」と答えたそうです。

その理由としては、以下のことが考えられます——

・デリケートゾーンというのは、皮膚が他の部位に比べて薄い
・太い剛毛が密集して伸びている

現在脱毛に用いられる機器は、毛根に高熱を加えることで発毛を阻害します。熱を使うために毛穴周辺の皮膚も軽い火傷状態になるのですが、皮膚が薄いと痛みを強く感じます。

また剛毛の場合はそれだけ毛根も太くなるので、毛穴との接触面積が増えて、痛みも激しくなるわけです。

なお、サロンと医療クリニックでは脱毛方式に差があり、痛みにも違いが出てきます。

クリニックでは「レーザー脱毛」を使い、強烈なレーザー光を肌に照射します。毛根への損傷も大きいため、痛みが激しくなります。

一方、脱毛サロンで採用されているのが「フラッシュ脱毛(光脱毛)」。この方法はマシンの種類によってさらに細分化され、現在は4種類(IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛)があります。

これらのパワーはレーザー光にははるかに及びません。おかげで痛みはクリニックより感じにくくなっています。

そのなかでも、とりわけ痛みが軽微なのがハイパースキン脱毛。毛根全体ではなく、その一部のバルジ領域という部位だけを弱体化するため、それまでよりさらにフラッシュの出力が弱くなっています。

「できるだけ痛みを感じずに脱毛したい」という人は、この方式で施術してもらうのがいいでしょう。

施術の流れはどんな感じなのか?

はじめて脱毛の施術を受けるとなると、どうしても緊張してしまうものです。

そんな人のために、ここでその手順を軽く説明してみましょう(なお、サロンと医療クリニックでは使うマシンは違いますが、手順そのものは大体同じです)。

まず前日、施術の準備をおこなう必要があります。それは施術部位の毛を自分で処理すること。

「脱毛するのに、なぜ自己処理しなければならないの?」と思うかもしれません。

施術で使われるレーザー系のライトは黒いメラニン色素に反応し、熱エネルギーに変化します。もし毛が長いとそこで反応が起こり、肌にも火傷が及ぶ可能性があるのです。

ですから、火傷のような事態を避けるために、長い毛は必ず処理して下さい。

なお、処理に用いるのは電気シェーバーにして、肌への負担の大きいカミソリや毛抜きはやめて下さい。

施術で一部の毛は残す予定でも、最初は毛を全部剃り上げておくこと。その方が仕上がりが美しくなります。

次に施術の当日。

施術時に持参するものですが、会員カードだけあれば充分です。ただ、施術後は肌をいたわる必要があるので、体に密着した下着や服はやめたほうが無難です。

そして施術になりますが、紙パンツ&専用ガウンの2点が用意されているので、それに着替えましょう。そのあと、施術用の台へ。

以後は、次のような流れとなります——

1)まず施術部位の肌の状態をチェック(もし乾燥がひどいようなら施術不可)
2)肌の状態に問題がなければ施術部位を消毒
3)ジェルを使い、部位を冷やす
4)脱毛マシンの光線を肌に当てる
5)再び部位を冷却し、保湿ケアをして肌の乾燥を防止

施術前に肌を冷やすのは、光線による高熱が広がるのを防ぐためです。特にVIOは皮膚が薄目なので、この作業は欠かせません。

照射後は肌を再び冷やすとともにミルクローションなどで保湿します。店によっては自社製作のローションを使うところもあるようです。

非常にまれですが、施術後の皮膚に赤みやかゆみ、腫れなどが生じることがあります。その時は冷たくしたタオルなどで肌を冷やしましょう。大抵の症状はそれで治ってしまいます。

なお、施術直後の肌はバリア機能が衰えていますので、以下のことは厳守して下さい——

・施術直後の入浴をさけ、汚れを流す場合はシャワーを使う
・激しい運動はなるべくやめる
・施術したところに日の光を当てない

あと、肌をしっかり保湿することも大切です。日頃から用いているローションでいいので、潤いを絶えず供給しましょう。

施術後、ムダ毛が抜けるのはいつ?

「サロンや医療クリニックで施術してもらったけど、ずっと毛が抜けないので心配になる」——

ネットで脱毛関連の記事などを調べていると、こういった口コミが目につくことがあります。

勘違いする人もいるのですが、施術後、必ずその直後に毛が抜け始めるわけではありません。

毛根の強さというのは個人差も大きく、人によっては1週間ほど必要な場合もあります。それでも2週間ほどすればその部位はツルツルの状態になるでしょう。

施術以降の流れは、以下のようになっています——

1)マシンの光線で毛根がダメージを受ける
2)毛根が徐々に弱まっていく
3)毛根の力が弱まり、毛が切れそうになる
4)切れた毛が毛穴から抜けていく

なお、はじめて施術を受ける場合は——

・最初だということで、スタッフがマシンの出力を弱めてしまう
・ダメージを受けるのが初めてなので、毛根の強度がまだ維持されている

などの理由で、抜け始めが遅れることが多いようです。

また、サロンのフラッシュ脱毛はパワーが弱く、効果がなかなか出ないことがあります。

それが心配な人は医療クリニックを選び、威力の強いレーザー脱毛を受けてみましょう。

以上、VIO脱毛のベーシックな情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし「デリケートゾーンを自己処理する回数が多い」という女性がいたら、一度脱毛することをオススメします。毛抜きやカミソリは肌のコンディションを悪化させ、面倒なトラブルを引き起こす可能性があります。

脱毛すればデリケートゾーンが衛生的になるばかりでなく、肌トラブルの予防にも役立ちます。

思い切って足脱毛してみよう

あるアンケートによると、女性の体のうちで男性が最も惹かれるところというのは、1位「顔」2位「足」だそうです。

『今昔物語』や『徒然草』に記述があるように、久米仙人のような偉い人も洗濯する若い女性の白い足を魅力を覚え、神通力を失ったと言います。それほどまでに女性の足というのは、男性を惑わせる力を持っているわけです。

それを十分に自覚した女性は、ファッションでも露出度の高い服装を好みます。
実際、スラリと伸びた足を見せつければ、鼻の下を伸ばした男性などイチコロでしょう。

ただ形やシルエットは美しいとしても、その肌に生えているムダ毛がそのままだと足の価値も半減してしまいます。

やはり、なめらかな肌合いがあってこそ、キレイな足は引き立つものです。ムダ毛の処理をいい加減にやっている女性には「足を露出している割には、肌の手入れがテキトーなんだな」と、周囲から蔑みを含んだ目が向けられてしまいます。

もちろん「そんなこと指摘されなくても分かっている」という女性も多いでしょう。肌ケアに心を砕いている人なら自分の肌の状態にも敏感なはず。
きっと毎日のように足のムダ毛にも気を配り、カミソリ、あるいは毛抜きを毎週のように使用しているかもしれません。

ただ、そんなムダ毛処理が、実は肌のコンディションを悪化させることを知らない人も多いようです。

市販のムダ毛処理製品にはカミソリ、毛抜きのほかにも除毛クリームがありますが、いずれも肌への刺激が強く、ずっと使っていると色々な肌トラブルを引き起こしかねません。

肌を美しくするための自己処理なのに、色素沈着などを引き起こしていては本末転倒です。

自己処理の弊害を承知している女性の中には、

「サロンや医療クリニックと契約して、プロの手で足を脱毛してもらいたい……」

と思っている方も多いはずです。

ただ、店舗や医院に足を運び、コースの説明を聞いた上で契約をするというのは、なんとなくハードルが高いもの。

また、「脱毛が完全に終わるまでにどれくらいの期間が必要?」、「施術はどれくらいしてもらえばいい?」、「料金は全体でいくらくらい?」など、脱毛についての細かい疑問が頭に浮んでくるでしょう。

結局、これらの疑問が障害になり、悪いと知りつつ自己処理を続けている、という女性が少なくありません。

そこでこの頁で、脱毛の初心者が知りたがっている色々な情報を詳細に解説していくことにしました。

以下の知識が、足のムダ毛で悩んでいる女性の役に立てば、と願っています。

足脱毛が最も安いサロンと医療クリニックはどこ?

足は面積の大きなパーツです。そこでサロンや医療クリニックでは、細かい部位(「ひざ上」「ひざ下」「ひざ」「足の甲・指」)に分けた上で、それぞれの施術がおこなわれるのが通常の手順となっています(もちろん、足全体のパックコースも用意されています)。

サロン、クリニックによってそれらの料金には幅があります。ビックリするほど安価なサロンから信じられないくらい高額なクリニックまで色々あるので、脱毛を決めたら公式HPを入念にチェックしましょう。
料金をしっかりと比較検討することによって、よりお得に施術ができます。

ただ、最近はかつてないほどの脱毛ブーム。サロンとクリニックが余りにありすぎて、すべてをチェックするのは無理かもしれません。

そこで、料金の点で推薦したいところをいくつか挙げてみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円(施術=6回)
・ひざ下……18,000円(施術=6回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円(施術=8回)
・足全体……48,000円(施術=8回。ひざ上・ひざ下は6回)

銀座カラー

・ひざ上……42,000円(施術=8回)
・ひざ下……42,000円(施術=8回)
・ひざ……21,000円(施術=8回)
・足の甲・指……21,000円(施術=8回)
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円(施術=8回)
・ひざ下……31,200円(施術=8回)
・ひざ……14,400円(施術=8回)
・足の甲・指……14,400円(施術=8回)
・足全体……91,200円(施術=8回)

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円(施術=8回)
・ひざ下……31,840円(施術=8回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円(施術=8回)
・足全体……95,520円(施術=8回)

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円(施術=5回)
・ひざ下……41,250円(施術=5回)
・ひざ……13,750円(施術=5回)
・足の甲・指……13,750円(施術=5回)
・足全体……92,900円(施術=5回)

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円(施術=5回)
・ひざ下……89,800円(施術=5回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円(施術=5回)
・足全体……119,800円(施術=5回)

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円(施術=6回)
・ひざ下……81,000円(施術=6回)
・ひざ……28,750円(施術=6回)
・足の甲・指……28,750円(施術=6回)
・足全体……219,500円(施術=6回)

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円(施術=5回)
・ひざ下……60,000円(施術=5回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円(施術=5回)
・足全体……100,000円(施術=5回)

となりました。

サロンの中で最もリーズナブルといえるのがミュゼです。足のほとんどを占めるひざ上、ひざ下を施術しても、たった36,000円。
この2つの部位を脱毛するだけでいいなら、他のサロンに比べて圧倒的に安くあがります。

ただ、足の全パーツをツルツルにしたいとなると、銀座カラーが最もお得でしょう。何しろ総額151,152円で通い放題です。つま先から太ももまで足をツルツルにしたい女性は、このプランを選ぶことをおすすめします。

次にクリニックの方ですが、脱毛効果が長続きすることもあって施術料はサロンより高額です。その中でアリシアクリニックは最もリーズナブル。ひざ、ひざ上、ひざ下、足の甲・指が脱毛できる「足全体プラン」はわずか92,900円です。

医療クリニックには、部分脱毛にもかかわらず40万円以上という驚愕の値段設定をしているところもあります。それに比べると、アリシアクリニックの10万円以下のセット価格というのはとんでもなくお得です。

脱毛を試してみるなら、値段のリーズナブルなジェイエステティックで

大掛かりな全身脱毛と比べると、部分脱毛は相当リーズナブルです。ただ面積が広いこともあって、足脱毛の費用は結構高いといえます。
脱毛初心者の中には「いきなり高いプランは契約したくない」という人もいるかもしれません。

そんな方に推薦したいのが、ジェイエステティックの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」です。

これなら、両ワキのほかに自分の選んだ3部位が施術可能。しかも料金は300円というから驚きです。もちろん回数には制限がありますが、脱毛を経験したい人にはピッタリ。

これで脱毛の様子を知ったら、改めて自分好みの店やプランを探しましょう。

脱毛が終わるまでの日数、および施術の回数は最低どれくらい?

足脱毛の費用については、上の文章で大体見当がついたでしょう。

続いて、脱毛が終わるまでの日数、および施術の回数と頻度に関して、解説しましょう。

サロンとクリニックの公式サイトで日数・回数などのデータを調べてみると、以下のようになりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

これを一見して「予想していた以上に時間と施術回数がかかる」と感じられた人もいるかもしれません。

実は、足というのは体の部位の中でも脱毛効果があらわれやすい、と言われています。それでもこれほどの施術回数と長い日数が欠かせないのです。

これにはいわゆる「毛周期」と、現行の脱毛方法とが密接に関係しています。

その詳細を以下のセクションで解説しましょう。

脱毛に1年以上もかかる理由は?

まず、脱毛方法から説明していきます。

現在、サロンやクリニックで脱毛に用いられているのは、ほとんどがレーザー技術を応用した機器です。肌にレーザー系のライトを照射し、毛根にダメージを与えることで脱毛します。

このライトは黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わります。
ムダ毛にはメラニンが含有されているので、ライトが生み出した熱エネルギーが発毛部位に大きな損傷を及ぼし、発毛を妨害するのです。

「それなら1回ライトを当てればムダ毛は伸びてこないのでは?」と思われるかもしれませんが、そう安直にはいきません。というのも、肌に伸びているムダ毛は全部同じに見えても、毛根のところでは一本一本に違いがあるからです。

体毛は抜けては生えることを繰り返してその本数を保っています。この毛のサイクルを「毛周期」と呼びます。

毛周期には3つの期間(「成長期」「退行期」「休止期」)がありますが、このうち脱毛の効果があるのは、毛が毛根から伸びていく「成長期」だけです。

「退行期」と「休止期」はもはや成長がストップしているために、ライトを照射しても効果が期待できません。

施術後2週間以内に成長期の毛はすべて抜け落ちてしまい、1〜2ヶ月くらいはツルツルの状態が続きます。

しかしやがて毛が再生するので、再び光を照射。
これを長い間繰り返すと毛根が弱体化し、ムダ毛の本数も減少します。

このようにして発毛機能が衰えていき、ようやく脱毛が終わるわけです。

そのため、施術のペースが非常にスロー(1〜2ヶ月に1回)になるのも仕方ありません。

以上、なぜ脱毛に長い時間が必要なのか、お分かりになったでしょう。

サロンとクリニックの2つで、脱毛方法はどう違うのか?

現在脱毛がおこなわれているのは、サロンと医療クリニックの2ヶ所です。この2つの違いは、主に脱毛方法にあります。

サロンでは「光脱毛(フラッシュ脱毛)」が主流。そしてクリニックでは「レーザー脱毛」がもっぱら使われています。

両者とも「レーザー系のライトを使用している」という点では同じです。ではどういうところに相違があるのかというと、毛乳頭、毛母細胞などの発毛組織にダメージを与える威力です。

レーザー光というのは、フラッシュ脱毛で使われるIPLよりも波長が長く、肌の奥にある毛根に強烈なダメージを与えます。
そのため、毛乳頭や毛母細胞を完璧に破壊することができ、脱毛効果がかなり長く続きます。

また、脱毛の終了には大体2ヶ月ごとに何度も施術しなければなりませんが、サロンのIPLの場合は脱毛完了まで8〜12回も必要なのに対し、レーザー光の場合は5〜6回で完了してしまいます。

もし短期間で脱毛を終えたい人は、レーザー脱毛の方がいいでしょう。

ただレーザーの施術には、「痛みがひどい」という大きなデメリットがあります。

痛みを避けたい人には、「ライトシェアデュエット」というマシンがおすすめです。ピンポイントでライトを照射できるため、痛みが少ないというメリットを備えています。

ライトシェアデュエットを採用しているところには、アリシアクリニック、レジーナクリニックがあります。ぜひ公式HPでチェックしてみましょう。

施術の後の入浴は避けるべき

サロンや医療クリニックで施術してもらうと、必ず「今日は入浴しないで下さい」と注意されます。

「別に手術で傷が出来たわけじゃないのに、なぜ入浴が禁止なんだろう?」と不思議に感じる人もいるでしょう。

確かに施術においては別にメスのようなものは使用しません。しかし、脱毛機のIPLやレーザー光は、毛穴やその周辺の肌組織に火傷に似たダメージを与えます。

熱の損傷を受けた肌をケアするために、入浴をはじめ、飲酒、激しい運動などは「なるだけおこなわないように」と言われるのです。

損傷が悪化すると、かゆみ、赤みといった軽い症状だけでなく、タチの悪い炎症が起こることもあります。そうなると肌にその醜い痕が残りかねません。

施術スタッフのアドバイスをしっかりと聞いて、術後の肌をガードしましょう。

以上、足脱毛の様々な情報を細かく紹介してみました。役に立ったでしょうか?

何度も述べましたが、カミソリなどによる自己処理はおすすめできません。処理をやめるためにも、サロンや医療クリニックで脱毛しましょう。
施術によって、肌の美しさがさらにアップするはずです。