脱毛コラム

上手にメンズ脱毛サロンを選ぶには?

脱毛という行為は古代からおこなわれてきました。もちろん美容の意味合いもありますが、たとえば気候の厳しいエジプトではシラミ対策の意味もあったようです。
脱毛に使われたのはカラメルで、柔らかい状態のものを肌に塗り、固まったところをそのまま剥がしていました。つまり今のワックスと同じ要領です。

日本では「源氏物語」や「枕草子」などの文学作品から、平安時代に眉毛の処理がされていたことが分かっています。
江戸時代になると木の実から抽出した油と砕いた軽石を混ぜ合わせ、それを部位にすりこんで毛を摩耗させていたそうです。

ただ、以上のものはいずれも「除毛」にすぎず、ムダ毛が半永久的に生えないようにする本当の意味での脱毛は、近代に入ってからのことになります。

特に21世紀になると新しいテクノロジーが応用されるようになり、脱毛方法も大きな変化を遂げます。それまで毛抜きやカミソリで自己処理をおこなっていた人もそれらが肌に悪い事実を知り、プロがしっかり施術してくれるサロンや医療クリニックに通い始めました。おかげで新しい店や医院が毎月のようにオープンし、ブーム状態を呈しています。

さらに脱毛ブームの影響は女性にとどまりません。以前(2017年の秋)、テレビの『マツコ会議』で、男性の脱毛事情が話題になったことがあります。

そこでの聞き取り調査によると、脱毛サロンの中には顧客の男女の割合が拮抗しているところもあり、しかも男性客の年齢層は30代から40代が中心とのこと。
脱毛の施術を受けることはちょっと後ろめたいので喧伝はされないのですが、剛毛のむさ苦しさを気にする男性が増えたせいで、脱毛が相当な広がりを見せているのは確かなようです。

ただ脱毛にチャレンジしたいと密かに思ったとしても、「サロンや脱毛クリニックというのは女性が行くところ」という先入観があり、男性には何となくハードルが高いものです。

また「契約と施術に必要な料金は?」「脱毛が終わるまでどれくらいかかる?」「施術回数は?」といった疑問がネックになり、結局は施術をあきらめてしまう男性も少なくありません。

そこでこのサイトを立ち上げてみました。メンズ脱毛サロンに注目し、そこで使われている「光脱毛」の詳細、その施術コスト、痛みの程度、そしてサロン選びのポイントについて紹介していきます。
脱毛にチャレンジしたい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とはどういうもの?

光脱毛について
「毛穴に電気の流れる針を突き刺して、毛根を焼いてしまう」——

脱毛の施術について、こんなイメージを持っている人がいます。

これは別に間違ってはいません。実際に20年ほど前まで、脱毛士たちは針状の電極を毛穴に挿入し、電気を流してムダ毛を処理していたのです。

この方法は19世紀末に米国で考案されたもので、「電気分解脱毛法」と呼ばれています。ちょっと乱暴なやり方に思えますが効果は優れていて、うまくいくと一生肌がツルツルになるために世界中に広がりました。

日本でも「美容電気脱毛」と名付けられて人気のある脱毛方法となり、上記のような脱毛のイメージを生み出すことになったのです(医療クリニックの中には今でもこの方法で脱毛をおこなっているところがあります)。

ただこの電気分解脱毛法、手作業なので労力と時間が要り、施術コストも驚くほど高くなります。
そのために施術を受けられる層は限られていました。

やがて、もっと効率的で料金が安い脱毛方法が登場します。それがレーザー脱毛です。

これはレーザー光線を使って毛根の発毛機能を阻害するというもので、時間のかかる手作業が省ける点で画期的でした。

やがて、この方法から「光脱毛」という別の脱毛方法が考案され、ほとんどのサロンに導入されることになったのです。

光脱毛の原理と種類について

ここで光脱毛をざっと紹介します。

光脱毛では、通常の光とは性質の異なるライトが使われます。ライトはムダ毛に照射されるとそこに含まれるメラニン色素に吸収され、熱エネルギーへと変化。
その影響で毛乳頭などがダメージをこうむり、発毛が止まります。

この施術を長期に渡って続けることで毛が徐々に薄くなり、やがて部位全部が無毛になるのです。

光脱毛にもいくつか種類があり、いまは次のものがよく使われています——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれについて少々解説します。

最初に、IPL方式。こちらは「フラッシュ脱毛」とも呼ばれ、サロンで最も使用率の高い方式です。インテンスパルスライトという広帯域の光線が毛根にダメージを与えます。

脱毛効果は高いのですが、ライトの照射時に少々痛みがあるのが難点です。ただそれも軽微なものなので、よほど痛みに敏感な人以外は問題にはなりません。

続いてSSC方式。「SSC」は”Smooth Skin Control”の頭文字を取った呼び名です。

IPLとの違いは、ライト以外に専用ジェルを使うところ。

ジェルに含まれているのは、極小のカプセル(「トレジャービーンズ」)。部位にジェルを塗ってクリプトンライトを当てると、カプセルに含まれる有効成分が毛包に浸透し、発毛を抑制します。

その有効成分は「フィリニーブ」と呼ばれ、サリチル酸、イソフラボン、セイヨウシロヤナギ、メントールなどが入っています。炎症抑制・保湿効果も備えていて、刺激に弱くなった術後の肌をしっかりとケアします。

脱毛はこのジェルの成分でおこなうため、ライトは低温でも構いません。
ですから痛みは大変軽くなります。

次にSHR方式。「SHR」というのは”Super Hair Removal”を略したもので、「蓄熱式」とも呼ばれます。

これまでの方式は毛根全部にダメージを与えていましたが、SHRは毛根の一部分・バルジ領域が攻撃の対象になります。

このバルジ領域は、毛球部に刺激を与えて発毛をうながしています。つまり、バルジ領域を攻撃すれば、ほかの器官はそのままでも発毛を食い止められるわけです。

バルジ領域の場所は肌表面に近く、ライトが低温でも損傷を与えられます。そのため、ほぼ痛みのない施術ができます。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子を標的にするため、メラニンに乏しい毛でも脱毛できます。光は36〜38度の低温なので痛みはなく、むしろ施術中は気持ち良いくらいです。
ただ、男性のヒゲには向いておらず、他の部位の毛しか処理できません。

光脱毛とレーザー脱毛を比較してみる

比較してみる
ほとんどのサロンでは光脱毛が使われていますが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインとなっています。この2つを色々な点から比べてみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、および脱毛できるムダ毛の割合は、以下のようになっています——

・6回  およそ50パーセント
・12回 およそ80パーセント
・18回 およそ95パーセント

一方、レーザー脱毛だと、5〜6回の施術で大体95パーセントの毛が処理できます。

レーザー脱毛は原理的に光脱毛と同じものですが、光線のパワーがとんでもなく強いので、施術回数はかなり少なくなります。

「なぜ一回の施術で脱毛完了というわけにはいかないの?」と思う人がいるかもしれません。それは、施術に使うライトが肌の外に伸びている毛にしか反応しないためです。

毛には「毛周期」と呼ばれる成長サイクルがあり、光線で施術可能なのは成長期の毛に限ります。他の毛は肌表面に出てきていないので、成長期まで待った上で施術しなければなりません。そのため、レーザーのようにパワー抜群の光線でも、何回も施術をおこなう必要があります。

料金

光脱毛の料金の平均相場は、以下の通りです——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円

一方、レーザー脱毛の相場は、次のようになっています——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円

これで分かる通り、施術料については光脱毛の方がかなりお得です。

痛み

光脱毛は、痛みに弱い人にピッタリの脱毛方法です。
IPL方式だと少しチクリとしますが、他の方式については痛みらしい痛みは感じられません。

これは、施術に使われるライトのパワーが抑制されているせいです。ただ、そのために脱毛終了までの期間は長くなってしまいます。

一方、レーザーはパワーが激烈で、施術には強い痛みがともないます。その代わりに施術日数は短くてすみます。また何度も施術して毛が減少していくと、徐々に痛みも軽微になります。

色々なケア

サロンだと、脱毛に肌のケアをプラスしてくれる店が多く、店オリジナルのジェルに色々な保湿成分が配合されていたり、術後の部位の冷却に十分な時間を割いてくれたりします。

一方、レーザー脱毛は、医療機関という制限もあってサロンほどのサービスは期待できません。術後の冷却に関しても、全くないところもあります。

心地よいサービスを望んでいるなら、サロンの方を選ぶべきでしょう。

光脱毛&サロンのメリットとデメリット

メリットとデメリット

メリット

・クリニックに比べて施術料が安上がりですむ
・痛みが軽く、特にハイパースキン法を選べば無痛で施術可能
・オプションが豊富で、美肌ケアなどが受けられる
・店の内装が豪華なところが多く、快適な気分で脱毛できる

デメリット

・施術の日数がクリニックより長く、通うのが嫌になる可能性がある
・産毛などのメラニンが乏しい毛は、効果が上がりにくい

どうやってサロンを選ぶ?

サロンを選ぶ
メンズ脱毛サロン選びで留意すべき点をいくつかあげてみます——

顧客は男性オンリーか?

メンズ脱毛サロンというと、「施術に来るのは男性のみ」と考えがちですが、実際は女性でも受け付けているところがあります。

わざわざメンズ脱毛サロンを選んだ男性の中には、施術に訪れた姿を女性に見られたくないという人もいるでしょう。

それなのに、待合室で女性と顔を合わせる可能性がある、というのはイヤなものです。

顧客は男性に限っているのかどうか、契約する前にサロン側に訊いておきましょう。

施術を担当するのは男性脱毛士?

顧客が男性オンリーのサロンでも、必ず男性スタッフがマシンを操作するとは限りません。店の中には、女性の脱毛士が施術をおこなうところもあります。

「女性スタッフの施術は受けたくない」という男性もいると思いますので、男性脱毛士を指名できるかどうか、事前に調べておくべきです。

技術に関する口コミをチェック

男性と女性では、施術そのものは同じようにおこなわれますが、その難易度は違います。

というのも男性は男性ホルモンのために体毛が太く、本数も多くなります。女性の施術時よりも機器の照射出力をあげる必要がありますが、その加減はよほど経験を積んでいないと難しいとされています。

つまりスタッフのキャリアによって、脱毛効果が大きく変わるわけです。

ところが、店の方ではそのスタッフがベテランかどうか明かしてはくれませんし、公式サイトを見ても、脱毛士ひとりひとりの技量などは載っていません。

こんな時にぜひ目を通すべきなのが口コミサイトです。
実際にその店で施術を受けた人が経験談を投稿しているので、脱毛士の技量についても参考になります。

サロンの接客態度をチェック

サロンで大掛かりなコースを選んだ場合、最低でも2年は施術に通う必要があります。

それだけ施術回数が増えるわけですが、もし脱毛士の態度が横柄、あるいは冷淡だと、心地よく施術を受けることはできません。

どれだけ費用が安かったとしても、サービスに満足があるなら店に通いたくなくなるでしょう。

中途解約という結果にならないためにも、脱毛士の接客態度について口コミなどを調べておきましょう。

以上、脱毛志願の男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

現在、脱毛はブーム状態を呈していて、サロンの方では客を呼び込もうと必死になっています。ディスカウントキャンペーンもよくおこなわれているので、公式サイトをマメにチェックするようにしましょう。

家庭用脱毛器を賢く買う方法とは?

以前は「有閑マダムの贅沢」というイメージだった脱毛も、最近はすっかり一般的になりました。
一部のサロンや医療クリニックはコマーシャルのせいで有名になり、予約で一杯のようです。

ただ「わざわざ予約を取るのが面倒くさい」「お金や時間の余裕がない」「スタッフに股間やバストなどの部位を見せたくない」といった理由で、サロンやクリニックを避ける人もいます。

そんな人たちの間でよく売れているのが、家庭用脱毛器です。

「自分もぜひ購入して使ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、その価格は決して安くありませんし、種類も驚くほど多く、どれが自分向きなのかすぐには判断がつきません。
気まぐれに購入してガッカリしないためにも、機種の効果や特徴に関して、あらかじめ把握する必要があります。

そこで、このサイトを立ち上げました。家庭で思う存分脱毛したい、という人のために、賢い家庭脱毛器の選び方などについて、解説していこうと思います。

家庭用脱毛器の発売とその普及について

家庭用脱毛器
1980年代に発表された「選択的光熱凝固理論」は、紀元前から続いてきた脱毛の歴史の中でも時代を画する大発見でした。欧米では、その理論を用いた器械が1990年代になって実用化。
そして2000年代に入って日本にも輸入され、施術に使われるようになります。

ただ、それらはあくまでも店舗で使う大型マシン。家庭で自己処理する場合は、カミソリ、毛抜といった昔ながらのツールしか使いようがありませんでした。

そんな中、家庭用にアレンジされた光脱毛器「アイエピ」が2005年に発売されます。

実は以前も家庭用脱毛器は販売されていたのですが、その脱毛効果が良くなかったため、あまり注目されませんでした。
ところがこの「アイエピ」は店舗並みの脱毛ができるというのですぐに大評判となり、家庭に脱毛器を普及させる原動力になったのです。

そして別の人気機種の発売が続き(2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」)、現在の家庭用脱毛器の隆盛をうながすことになります。

これらの家庭用脱毛器の登場は、ムダ毛が大きな悩みだった人にとってビッグニュースでした。

何しろサロンや医療クリニックで施術を受けるとなると、肌がツルツルの無毛状態になるまで数ヶ月から数年、わざわざ店や医院に通わなければなりません。途中でうんざりしてしまう人も多いですし、料金が10万円以上に及ぶことも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、店舗と同じような効果が期待できる上にお金も大幅に節約できるのですから、すぐに売れ筋商品になったのも当然でしょう。

ただ脱毛器は、うまく選ばないと当たり外れが大きい、と言われています。以下に解説していく機種の特徴、方式の利点・難点などをしっかり把握し、自分に合った脱毛器を見つけて下さい。

脱毛器選びで注意したい点

注意したい点
下の文章でも解説していますが、家庭用脱毛器の方式にはいくつかの種類あり、その違いが効果にも大きく影響します。

ですから、購入時にはある程度脱毛についての知識が必要で、「色やデザインがお気に入りだったから」といった理由で購入してしまうと、結果に不満を持つことになりがちです。

自分にふさわしい家庭用脱毛器を買うためには、次のような点に注意しましょう——

照射出力の強さ

脱毛効果の感じ方は人によって違うので「絶対だ」とは言えませんが、照射出力の大きさと脱毛効果は比例するのが普通です。結果をしっかり出したい人は、出力の大きいタイプを選ぶ方がいいでしょう。

ただ、パワーが強いと、それだけ火傷、かゆみといった肌トラブルも生じやすくなります。
トラブル回避のためには、出力を細かくコントロールできる機種を買うべきです。

照射範囲も重要

どれだけの面積を1回の照射で処理できるのか。その点は機種によって相当違いがあるため、事前にネットなどで調べておきましょう。

手入れに時間がかかりすぎると、脱毛器の使用そのものが面倒になります。「高い機種を買ったのに、いつの間にか使わなくなった」という羽目におちいりがちなので、照射範囲の数値はしっかりチェックして下さい。

手入れしたい部位に対処しているか?

人によって脱毛したい部位は異なります。

家庭用脱毛器の購入時は「どこの処理に使う予定か」を忘れず、「どの機種が希望の部位に対応しているのか」を確認して下さい。

特に「顔」や「VIO」を手入れしたい人は注意しましょう。他の部位には対応しても、デリケートなところには使えないものが少なくありません。

公式サイトには未対応の部位を記してあることが多いので、まずチェックしてみましょう。

コストパフォーマンスは優秀か?

「本体を安く手に入れて喜んでいたのに、カートリッジの値段にゲンナリした……」

脱毛器の購入については、そんな話を時折耳にします。

家庭用脱毛器にはタイプが色々あります。価格だけでも、2万円弱から10万円強まで機種がそろっていますが、使用とともに消耗するカートリッジの費用を忘れてはいけません。

脱毛器を求める際は、本体の値段はもちろんですが、カートリッジの価格とその交換頻度も忘れずに調べておきましょう。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・プロの脱毛よりはるかに安い出費ですむ
・サロンや医療クリニックに通わなくていいので、交通費がいらない
・「人目にさらしたくない」という部位も、徹底的に脱毛できる

デメリット

・うなじ・背中・ヒップといった目で確認できない部位は、手伝いが必要
・一人きりで長期間の処理をおこなうので、つい途中で怠けてしまう
・肌トラブルの予防と対処が、結構邪魔くさい

家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?

永久脱毛はできる?
家庭用脱毛器は店や医院にあるマシンを小型化したもので、照射できる光は全く同じです。

ただ、火傷などを防ぐため、照射出力はかなり小さくなっています。そのため、光の強いパワーが必要とされる永久脱毛はできません。

ちなみに、サロンでも永久脱毛は不可能です。一般サロンで出来るのは「抑毛」であって、一旦ツルツルになってもやがて毛は再生します。

永久脱毛を望む場合、医療クリニックでレーザー脱毛を受けて下さい。

家庭用脱毛器の脱毛方式について

脱毛方式について考える
家庭用脱毛器で使われている脱毛方式を、いくつか紹介してみましょう——

フラッシュ式

ほとんどの家庭用脱毛器で採用されている脱毛方式が、フラッシュ式です。サロンと同様、メラニン色素に反応するIPLというライトを用います。

このIPLを肌に当てると、毛根だけが高熱に包まれ、大きな損傷を受けます。
そして長期間照射をおこなうと発毛器官が衰え、毛の成長が止まってしまうわけです。

この方式のメリットは照射口が大きく、ワンショットで広い範囲を手入れできること。そのために処理時間も短く、広い部位には最適です。

火傷防止のために照射パワーは限定されていて、安全対策も完璧です。ほとんど痛みもありません。

デメリットは脱毛完了まで長い時間がかかることですが、それでも1年くらいの照射で、肌が無毛状態になります。

レーザー式

レーザー式は、医療クリニックでよく用いられている脱毛方式です。ムダ毛のある肌にレーザー光を当てると毛乳頭などの発毛器官が損傷を受け、毛が伸びなくなります。

レーザー光は指向性が高い(まっすぐ進んで広がらない)ため、その破壊力は強烈です。脱毛完了までの日数も短くてすみ、約3ヶ月で効果が出てきます。また、指などの細かい部位を処理したい人に向いています。

ただ欠点もあり、広い部位だと1回の処理に時間がかかり、打ち漏れも起こりやすくなります。

そして破壊力が強いゆえの「痛み」も大きなデメリットです。ネットでも「思った以上の痛みがあり、つい『うっ』と声がもれました」「照射の直前は怖くて鼓動が激しくなります」といった口コミが目立ちます。

特に痛みを感じやすいのは、脇、骨付近のスネ、デリケートゾーンなどで、もしこれらの部位を手入れするなら、パワーを相当小さくした方がいいでしょう。

あと、レーザーは黒色にぶつかると熱エネルギーに変化します。日焼け、シミ、ホクロには何かカバーをするか、照射自体を避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

ムダ毛をピッカーと呼ばれる金属の先端でつまみ、ごく弱い電気を流して発毛を阻害するのが高周波(超音波)式。光を使わないため、眉・額の生え際といった目の周りの部位も安全に手入れできます。

また、他の方式では処理の難しい日焼け肌の毛・白髪も、高周波の場合、対処可能です。

ただ、1回の処理には手間がかかり、足・背中などの広い部位だと大変です。ささっと手入れをすませたいなら、フラッシュ式の方が向いています。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式の各方式は、毛根の発毛機能を高熱により弱体化し、毛が伸びないようにします。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、発毛機能にはダメージを与えません。

サーミコン式脱毛器は、ムダ毛をヘッドの熱線に当てて処理します。表層に出た部分を焼くだけなので、毛はすぐに伸びてきます。

ただ、処理すると毛先が丸くなるため、カミソリで生じるチクチク感がイヤだという人には向いています。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーのスリットにムダ毛を絡ませ、そのまま引き抜くというもの。

つまり毛抜と変わらないのですが、広い面積をさっと手入れできるのが利点になっています。もちろん毛穴はダメージを受けるため、肌を大事にしたい人にはおすすめできません。

よく売れている家庭用脱毛器の値段

家庭用脱毛器の値段について
「家庭用脱毛器を買おう」と決めた時、まず調べたくなるのがその値段でしょう。

ここではネットのデータを元に、よく売れている家庭用脱毛器の価格を一覧にしてみました(「照射面積」「ワンショットでの単価」も添えておきます)。

・ケノン
値段…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方センチ
ワンショットでの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
値段…49,299円(税込)
照射面積…6平方センチ
ワンショットでの単価…1.78円

・4x
値段…38,999円(税込)
照射面積…1平方センチ
ワンショットでの単価…0.08円

・ラヴィ
値段…40,000円(税込)
照射面積…6平方センチ
ワンショットでの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
値段…116,640円(税込)
照射面積…12平方センチ
ワンショットでの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
値段…57,998円(税込)
照射面積…4平方センチ
ワンショットでの単価…0.20円

・光エステ
値段…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方センチ
ワンショットでの単価…0.29円

これらのうち、1番ハイレベルな機種はレイボーテグランデの116,640円、そして1番格安なのは光エステの25,200円です(ちなみにさらに安いものもあるのですが、それらは実際には「除毛器」なので除外しました)。

上で書いたように、購入時にはカートリッジの価格を考慮しなければなりません。一覧では省きましたが、カートリッジの費用がどれほどなのか、自分で調べておきましょう。本体とカートリッジの合計を比較することで、実際の価格差がハッキリします。

そして、ワンショットでの単価も重要なファクターです。

一覧を見て、「ワンショットの差なんて取るに足らない」と考える人もいるでしょう。

しかし、脱毛は1回の照射では終わりません。処理部位に2週間に1回、光を当て続ける必要があります。つまりワンショットならわずかな違いでも、継続することで相当な差となるのです。

最後に「照射範囲」も大切です。1回の照射面積の数値に反比例してショットの数は減少しますから、そのデータによってカートリッジのコストが変化します。

なお、4xの照射面積がとりわけ狭くなっていますが、これは4xがレーザー式だから……。
レイボーテグランデやケノン(2つともフラッシュ式)と比較すると、大きな違いがあります。

広い部位を処理するなら、ワンショットでの単価と照射面積を必ずチェックしておきましょう。

以上、家庭用脱毛器の長所と短所、選び方のコツなどについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

何度も書いたように、家庭用脱毛器で得られる効果は方式&機種次第です。
そのデータをきっちり調べておくことが、賢い購入のコツとなります。

ぜひ自分にふさわしい機種を手に入れ、快適な脱毛生活を送って下さい。

医療脱毛クリニック選びで失敗しないためには?

昔は「金持ちだけがおこなう美容術」と称された脱毛。ところが美意識の向上とともに、キレイな肌を探求する女性が多くなり、脱毛の施術に通うのも別段珍しいことではなくなりました。
特に足や腕を露出するファッションを好む人は、自己処理では肌のコンディションが悪化すると知り、脱毛士に毛の処理を一任するようになっています。

いざ脱毛をおこなうとなると、選択肢は2つに絞られます。つまり、脱毛サロンか、医療クリニック。

以前は、有名なタレントやモデルが起用されたコマーシャルの影響で、サロンを選ぶ人が圧倒的でした。しかし最近では医療クリニックの良いところも喧伝されつつあり、「どちらと契約しよう……」と思い悩む女性も少なくないようです。

そこで、このページでは医療脱毛クリニックに注目し、その詳細を解説してみることにしました。
脱毛サロンと医療脱毛クリニックはどう違うのか、脱毛方法の特徴と魅力、クリニックのメリットとデメリット、クリニックの失敗しない選び方など、脱毛未経験者に役立つ知識を色々と紹介していきます。

医療脱毛クリニックの3つの特色とは?

医療脱毛クリニック
すでに述べたように、ムダ毛のプロが施術してくれるのは、現在では医療脱毛クリニックとサロンしかありません。
クリニックに通うなら、あらかじめその特徴を分かっておいた方がいいでしょう。

1)レーザー光線で毛根にアプローチする

サロンの施術よりも医療クリニックの施術の方が、はるかに効果があがると言われています。というのも、クリニックの機器はパワーの強烈なレーザー光線を使って脱毛をおこなうからです。

レーザー脱毛の歴史は約30年前にさかのぼります。ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所の科学者チームがレーザーの新しい可能性に気づき、雑誌「サイエンス」に「選択的光熱凝固理論」を発表したのです。これは、紀元前から続く長い脱毛の歴史の中でも、革命的な発見となりました。(ちなみに、チームの一員であるR・ロックス・アンダーソンは、入れ墨を消すインクを考案したことでも有名です)。

それまで最も知られていた脱毛方法は、「美容電気脱毛」(「ニードル脱毛」)でした。これは1875年にセントルイス在住の眼科医チャールズ・ミッチェルが発見したもので「電気分解脱毛法」と名付けられています。細い電極(プローブ)を毛穴に差し入れ、毛を生育させる毛包を微弱な電気によって凝固化する、というものです。

この方法は発毛自体を阻害するという点で優れており、日本を含めた世界中で使われてきましたが、なにしろ針状のプローブを毛穴に手作業で挿入していくために時間と手間がかかり、それだけ料金も高くなってしまいます。
しかも痛みがひどく、客側はかなりの我慢を強いられます。

この状況を一変したのが、レーザー脱毛の発明でした。

レーザー脱毛が革命的だったのは、毛に3%だけ含まれているメラニン色素をターゲットにした点です。

単一の波長しか持たないレーザー光線は、他の光のように四方八方に広がらず、真っ直ぐに進みます。指向性が高く、小さな部位に集光することができるので、損傷を与えるパワーは抜群です。

そしてもうひとつの特性は、波長によって特定の色だけに作用する、という点。つまり、青、黒、赤といった色がついたモノに光線を射出すると、それだけで甚大なダメージを与えられる、ということです。

脱毛では、黒だけに作用するように波長を700nm〜1000nmに調節。メラニン以外には反応しないため、肌へダイレクトに射出できます。

レーザーは黒のメラニンに吸収され、65度から70度に及ぶ熱エネルギーに変化するのですが、この高熱が毛包の幹細胞にダメージを与え、毛の産生を阻害するわけです。

施術は、波長をアレンジしてレーザー光線を照射するだけ。照射口は直径数ミリですが、1回の射出は100分の1秒で終わるので、スピーディな施術が可能です。

最初は白人向けのルビーレーザーのみでしたが、すぐにアレキサンドライトレーザーという黄色人種向けのものが登場し、日本にも輸入されました。
今は色々な媒質を用いたレーザー光線があり、部位や毛の質に合わせて選べるようになっています。

2)「永久脱毛」ができる

脱毛に関しては、いい加減な情報が広まっています。たとえば「1回光線を当てれば、その部位はすぐにツルツルになる」と思っている人がいます。

もちろん、これは間違いです。毛の産生を促進する毛包は丈夫な組織で、1回の照射ぐらいではそれほど損傷を受けません。

また脱毛は、毛の成長サイクル(毛周期)に合わせて照射を続ける必要があります。施術をおこなうのは2ヶ月に1度ほどで、光が何度も当たるうちにムダ毛が薄くなっていき、そのうち部位がツルツルになって脱毛終了。完全に施術が終わるまで数年間かかる場合もあります。

ちなみにサロンでも毛包にアプローチする光線を使いますが、その出力が制限されているために、毛包は一時的に弱体化するだけです。脱毛完了から数年すると、ムダ毛はまた伸びてしまいます。

その点、医療クリニックでは出力が強いレーザー光線を用いるため、毛包が死滅する可能性が高くなっています。
つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)施術がおこなえるのは医師だけ

上で言ったように、サロンの脱毛方法はクリニックと共通するところがありますが、射出されるライトの種類が異なるためにレーザー脱毛とは呼べません。また照射パワーに関する限り、レーザーとサロンの光線では砲弾と銃弾ほどの差があります。サロンのエステティシャンに資格が必要とされないのも、サロンの光線の威力が限定されているからです。

一方、レーザー脱毛はパワーの強い光線を使うので、ちょっとした操作ミスが大きな事故につながりかねません。そのため脱毛マシンを扱えるのは、万一の時に対処できる医師に限られています。もちろん医療設備も万全なので、その点でも安心できます。

医療脱毛の良いところ&悪いところ

良いところ&悪いところ

良いところ

・医者が脱毛マシンを操作するので、トラブルになってもきちんと対処してくれる
・レーザーの威力が強いため、施術以降は毛が伸びない確率が高い
・脱毛完了までの時間がサロンよりずっと短く、施術回数も比較的少ない

悪いところ

・格安キャンペーンの多いサロンより、料金がかなり高い
・レーザーの痛みが強く、施術そのものがイヤになりがち
・肌が弱い人は毛膿炎や炎症などが起きる怖れがある

医療クリニックと脱毛サロンの違いとは?

医療クリニックと脱毛サロンの違いとは?
医療クリニックと脱毛サロンの違いについては上でも少し触れましたが、ここでさらに違う点を述べてみます——

料金

脱毛が一般化する前から、サロンは雑誌に大きな広告を載せていますが、そこには目立つ活字で「今だけの値引きキャンペーン」「お得なコースプラン」などと書かれています。これで分かる通り、サロンで施術を受けるメリットのひとつは、その費用の安さです。

一方、クリニックは医療機関なので、料金が大きくディスカウントされることはあまりありません。

ここで、クリニックとサロンの施術コストがどれくらいなのか、一覧にして比較してみましょう。

最初に脱毛サロンから。知名度の高い大手サロン20社の公式サイトから、各パーツの平均料金を出してみたところ——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円

という結果になりました。

次に医療クリニックです。こちらもネットでよく名前を見かける20院の平均コストを計算しました——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円

こうして比較すると、料金の差は一目瞭然です。特に違いの大きいのが顔脱毛で、クリニックの料金はサロンの3倍以上になっています。

効果

サロンと医療クリニックでは脱毛方式の異なる器械を導入しているため、その効果にも相当な差が出ます。

サロンでは現在、4、5種類の脱毛方法が使われていますが、その中で最も導入率の高いのがIPL脱毛です(「光脱毛」「フラッシュ脱毛」とも呼ばれます)。

ショットごとの照射面積が広く、背中、腕、脚などの部位に最適です。照射パワーが抑制されているため、痛みもほとんど感じずにすみます。

その他の方法には、毛包全体ではなくバルジ領域のみをターゲットにするSHR脱毛、クリプトンライトとジェルを併用するSSC脱毛などがありますが、いずれもその脱毛効果は限られています。つまり、サロンの施術は発毛を短期間だけ抑える「抑毛」「減毛」にすぎず、その効果は数年だけです。

一方、医療クリニックのレーザーはパワーが抜群なので、施術が完了すれば、発毛機能が回復する可能性は低くなります。

保証

脱毛サロンも医療クリニックも、保証についてはあまり差がありません。

納得いくまで施術に通える「永久保証」、期限を一定日数だけ延長できる「期間保証」、中途解約の際に前金の一部を返してくれる「返金保証」などは、クリニックでもサロンでも用意されています。

ただ、各院によって条件・保証種類が違うので、あらかじめ公式サイトなどで確認しておきましょう。

その他

案外言及されないのですが、クリニックとサロンの支店(支院)数の差というのは重要です。

脱毛は短期間で終了するものではありません。部位のムダ毛がなくなるまで日数がかかり、全身脱毛のようなコースになると、施術に数年かかる場合もあります。

その間、人によっては生活環境がすっかり変わってしまうケースも出てきます。たとえば転勤・引っ越しが典型ですが、転居先にこれまで通っていたクリニックの支院がないため、契約時の前払金がムダになることもあります。

部分脱毛なら数万円なのでまだマシですが、大掛かりなプランだと前払金は大抵20万円以上します。
こうなると転居後もそのお金を活かしたい、と考えるのも当然でしょう。

名前の知られた大手サロンなら全国に多くの店舗を設けているため、転居後も施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックの場合、全国でチェーン展開をしているところは少なく、引っ越してしまうと契約が活かせなくなるケースが多いようです。

ということで、「引っ越しの機会が多い」という人の場合、全国に店舗の多い有名サロンを選んだ方がいいかもしれません。

クリニックを選ぶ時の5つの注意点

クリニックを選ぶ時の注意点

保証期間が大事

一旦脱毛の施術をスタートすると、決められた日数内に契約した回数を完了させる必要があります。プランや部位によってその期限は異なりますが、2〜3年というのが一般的です。中には5年という長いところもあるので、忙しくて施術に行きづらいという人はそちらを選ぶといいでしょう。

ちゃんとリスクを説明しているか?

クリニックでは照射出力の強いレーザーを使うので、医者は契約前にそのリスクを客側に説明しなくてはいけません。公式サイトにもそのリスクが明記してあるか、確認しましょう。

料金設定はどうなっているか?

クリニックの中には、料金が高いことをごまかすため、わざとあいまいな料金設定にしているところもあります。
そういう医院は不誠実なので、総額がはっきり分かるクリニックと契約しましょう。

医師の情報は書かれている?

施術担当の医師に関して、その情報が公式サイトに明記されているか、あらかじめチェックしておきましょう。情報を書いていないクリニックは、信頼性に欠けます。

医師がカウンセリングをおこなっているか?

施術は医者がおこなうものの、カウンセリングは看護師が担当するクリニックもあるようです。
脱毛といってもあくまで客は患者ですから、そんな態度は誠実とは言えません。
他の医院と契約した方が無難でしょう。

以上、医療クリニックについて、色々な情報をお伝えしてきました。いかがだったでしょうか。

クリニックに関しては「レーザーでの施術が怖い」「費用がサロンの何倍もかかる」といった理由で「行きたくない」という人もいるでしょう。ただ、その脱毛効果はサロンより確かです。結果を重視したい、という人は、やはりクリニックを選ぶべきだと思います。

どうかこのサイトを参考にして、自分に合ったクリニックを見つけて下さい。

効果が高くて安い背中脱毛サロン@長岡

【2019版】背中脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@長岡

長岡で背中脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステ長岡店

長岡市内にあるジェイエステの店舗情報

長岡店 〒940-0867 新潟県長岡市豊1-584-1
国道8号線沿いパルス敷地内あっぷるぐりむさん隣

ジェイエステ長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステ長岡店でカウンセリングを受けてみる

TBC長岡店

長岡市内にあるTBCの店舗情報

長岡店 〒940-0061 新潟県長岡市城内町2-6-1
高野不動産駅前ビル4F
長岡駅大手口から徒歩2分

TBC長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

TBC長岡店でカウンセリングを受けてみる

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

背中脱毛をする前に知っておきたい4つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.背中脱毛の施術料は大体どれくらい必要なのか?
3.背中の毛は、施術の結果があらわれにくい?
4.背中の毛でも処理が可能な方法とは?

1.サロン選びの際の注意点!

背中は、脱毛の対象部位としては体で最も面積の大きいところです。そのため、サロンやクリニックでは「背中上」「背中下」の2つに分けて施術をおこなうようになっています。

それぞれの範囲ですが、「背中上」は首の付け根から肩甲骨の付近まで、「背中下」は肩甲骨からウエストラインまでとなっています(それより下の部位にいくと「腰」または「ヒップ」となります)。

ちなみに、施術のターゲットはその面積にしたがって「Lパーツ」と「Sパーツ」の2つに分けられることが多く、料金は面積の大きいLパーツの方が当然高額となります。

背中は「背中上」「背中下」に分けてもまだまだ大きいため、両方がLパーツになります。

ところで、背中脱毛にはうなじが含まれていないのですが、それについてひとつ注意が必要です。

というのも、背中上を脱毛すると肌の見た目の色が違ってくるため、うなじとの間に薄い境界線が生じてしまうのです。

そうなると見た目がみっともないと思う人もいるので、最初から背中上とうなじを同時に脱毛するプランを選んだ方がいいでしょう。

2.背中脱毛の施術料は大体どれくらい必要なのか?

「脱毛してみようか」と思った時、まずチェックしたくなるのはその料金でしょう。美容については「とにかく費用がかかる」というイメージがあるので、気にかかるのも当然のことです。

そこで、サロンと医療クリニックで脱毛してもらうとなるとどれくらいお金が必要なのか、ざっと紹介してみます。

まず、サロンからです。

銀座カラー

銀座カラーでは「スタンダードチョイス」というプランを推薦します。背中上、背中下のどちらかが施術できて、8回セットで42,000円。そして75,200円の「脱毛し放題」を選ぶと、気が済むまで施術を受けられます。

TBC

オススメしたいのは、背中の上下を脱毛できる「チョイスプラン」。Lパーツを自由に選べて1回分が6,000円、6回セットなら26,400円にディスカウントされます。さらに1回だけですが、Sパーツの部位もタダで施術可能です。

ミュゼ

「フリーセレクト美容脱毛コース」を選ぶと、Lパーツ4回が12,000円です。背中は上下2つに分けられていて、「上を2回下を2回」「上を3回下を1回」という風に、4回分を好きに割り振れます。

ジェイエステティック

オススメは「後ろ姿美人プラン」。うなじ、背中の上が各4回セットになっていて、料金は18,000円。また、両ワキ脱毛12回コースが無料でサービスされるため、うなじ、ワキ、背中上の3部位を一気に脱毛できます。

次に、医療クリニックです。

リゼクリニック

ここでは背中は2分割されず、全体が1部位として扱われます。費用の方は5回コースで79,800円。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは、背中は2つに分割します。1回の費用はそれぞれ17,410円ですが、6回コースを選ぶと81,000円になります。

アリシアクリニック

リゼクリニックと同じく、背中は1部位として扱われます。料金は5回で55,000円と非常にリーズナブル。

また、「背中+えりあし脱毛セット」というプランを選ぶと、5回で103,200円です。

イセアクリニック

「背中+うなじ脱毛」のコースにすれば、5回で98,800円となります。

以上、有名サロンとクリニックの施術料をざっと紹介しましたが、コースやプランというのは条件がややこしくて理解しづらくなっています。
できれば公式サイトをじっくりと読み込み、その詳細を把握しておきましょう。

3.背中の毛は、施術の結果があらわれにくい?

実は背中の毛は、施術しても脱毛の結果があらわれにくい、とされています。というのも、ワキや脚に生えている剛毛と比べると、細い上に色が薄めだからです。

「細くて色が薄めだと、なぜ脱毛の結果があらわれにくいの?」と思われるでしょうが、それには今主流となっている脱毛方式が密接にかかわっています。

以下、サロンと医療クリニックで採用されている脱毛器の紹介をしながら、その理由を説明していきます。

現在のサロンで最も採用されているマシンは、「IPL脱毛」と呼ばれる方式のものです。

IPL脱毛は、太陽の光と似た照度の強いインテンス・パルス・ライト(IPL)をキセノンランプを通じて肌に一瞬だけ照射する、というもの。美容にIPLが使われ始めたのは脱毛用としてではなく、エステでシミ・くすみなどをケアするためでした(このケアは「フォトフェイシャル」と呼ばれています)。

しかし、IPLを肌に照射された顧客から「毛が薄くなった」「肌がツルツルになった」などの感想が次々と寄せられたため、改めて科学者が検証をおこなったところ、発毛機能を衰えさせる働きが証明されました。それ以後、サロンでも脱毛の施術に活用されるようになったのです。

IPLという光線の最大の特徴は、光の中にいくつかの波長が含まれていること。
そのため、肌に害を及ぼすことなく広範囲に照射することができます。
背中、脚といった面積の大きい部位にはピッタリで、施術にも時間がかかりません。

ただ、IPLは肌の各層に拡散するため、毛根を弱体化する力はそれほどでもありません。

一方、医療クリニックで最もよく使用されているのは、レーザー光を当てる「レーザー脱毛」のマシンです。

実はIPL脱毛、レーザー脱毛の双方とも、脱毛原理は同じです。肌へライトを当てると毛に含まれるメラニン色素のせいで熱エネルギーに変わり、やがてその熱が毛根に集まっていきます。毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった組織がその熱でダメージを受け、毛が生えなくなるのです。

ただ、その威力となると話が別です。レーザー光は局所的にパワーを集中できるので、標的となった毛根は壊滅的なダメージを受けます。そうなるとその部位はずっとツルツルのままです。

「そんなレーザー光なら、背中も効果的に施術できるのでは?」と思われるでしょうが、そう簡単にはいきません。

というのも、背中の毛のメラニン色素はごく少量で、光を当てても熱変換がされにくいからです。

「では、背中をうまく脱毛できる方法はないの?」ということになりますが、それについては以下の文章で説明していきます。

4.背中の毛でも処理が可能な方法とは?

背中の毛でも処理が可能な方法には、以下の3つがあります——

・S.S.C.方式の機器
・ダイオードレーザー
・ニードル脱毛

これらを順番に紹介していきましょう。

まず、S.S.C.方式です。S.S.C.は「Smooth Skin Control」の略で、イタリアのDEKA社が開発しました。

IPL方式との違いは、マシンのほかに専用ジェルを使うところです。

ジェルには、トレジャービーンズと名付けられたカプセルが入っています。ジェルを塗った上でクリプトンライトを当てるとこのカプセルが割れ、中の成分が毛穴に染み込んでいきます。

メインの成分となるのは、植物由来の物質を色々と配合した「フィリニーブ」。
抑毛効果が高く、さらに保湿効果も備えているため、術後の炎症抑制に役立ちます。

ライトも当てますが、脱毛効果があるのはあくまでジェルなので、背中の毛もしっかり処理できます。

続いて、ダイオードレーザーです。

クリニックの脱毛マシンにはいくつか種類があり、照射されるレーザー光も各自違います。

現在、よく使われているのは次の3つ——

・YAGレーザー
・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー

それぞれの特徴に応じて、得意とする肌質、毛質も違っています。

ダイオードレーザーの光源は半導体(ダイオード)。波長は810ナノメートルです。この長さはYAGレーザーとアレキサンドライトレーザーの中間に当たり、肌の深部にある毛根にも効果を発揮します。

ダイオードレーザーにも蓄熱式(SHR方式)とレーザー式(HR式)の2種類があるのですが、背中の毛にピッタリなのが蓄熱式です。

蓄熱式では、バルジ領域という部位を弱体化します。低音(65℃前後)のレーザーを照射し、熱を徐々に溜めていくことで効果を発揮。メラニン色素がなくても脱毛できます。

また痛みも大変軽く、施術にともなうストレスを感じさせません。

蓄熱式ダイオードレーザーの機器には、ソプラノアイス・プラチナム、それにメディオスターがありますが、それぞれレジーナクリニックとリゼクリニックで導入されているので、どちらかに通えばいいでしょう。

次にニードル脱毛です。この方法の歴史はかなり古く、150年近く前、アメリカで逆さまつ毛を処理するのに使われたのがその始まりだとされています。

特殊な針を毛穴に入れ、軽い電流を通して毛根を死滅させます。物理的に損傷を与えるために効果は高く、発毛機能は完璧に失われます。

また、脱毛効果にメラニンは無関係なので、背中も無毛にできます。

ここまでは問題ないのですが、実は厄介なデメリットが2つあります。ひとつは針を毛穴に入れるために痛みがひどいこと。中には痛みのせいで施術を中断した人もいます。

あとひとつは、手作業でムダ毛を一本一本処理するということで、どうしても費用が高めになる、ということ。最低でもレーザー脱毛の30倍の施術料が必要です。

これらのデメリットのせいで、施術できる人は限られてくるでしょう。

3つの方法を紹介してみましたが、このうち、1番楽に実行できるのはS.S.C.方式です。どれにすればいいか分からない人は、とりあえずS.S.C.方式にしてみましょう。無毛状態にするには時間がかかりますが、抑毛効果はすぐに出てきます。

ただ「背中の全ての毛を確実に処理したい」と考えているのなら、やはりニードル脱毛が1番でしょう。

いかがだったでしょうか? 背中脱毛の情報を色々と紹介してみました。

暑い季節になると開放的な服や水着を着る機会も増えます。そんな時に堂々と背中を見せられるよう、肌のコンディションを脱毛で整えておきましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安いVIO脱毛サロン@長岡

【2019版】VIO脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@長岡

長岡でVIO脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステ長岡店

長岡市内にあるジェイエステの店舗情報

長岡店 〒940-0867 新潟県長岡市豊1-584-1
国道8号線沿いパルス敷地内あっぷるぐりむさん隣

ジェイエステ長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステ長岡店でカウンセリングを受けてみる

TBC長岡店

長岡市内にあるTBCの店舗情報

長岡店 〒940-0061 新潟県長岡市城内町2-6-1
高野不動産駅前ビル4F
長岡駅大手口から徒歩2分

TBC長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

TBC長岡店でカウンセリングを受けてみる

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

VIO脱毛をする前に知っておきたい5つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.各店舗や医院でのVIO脱毛の費用はどれくらい?
3.なぜVIO脱毛は、他の部位より施術時の痛みが激しいの?
4.施術の流れはどんな感じなのか?
5.施術後、ムダ毛が抜けるのはいつ?

1.サロン選びの際の注意点!

街角インタビューのかたちで「VIOとは何?」と質問すると、脱毛の知識がない人は「ノートパソコンの名前」と返答することが多いかもしれません。

もちろんVIOはパソコンとは関係がなく、実は美容関係の宣伝などで「デリケートゾーン」と呼ばれる部位、つまり股間から女性器を経て肛門に至る一帯を指します。

V、I、Oの3つにはそれぞれ以下のような意味があります——

・Vライン……足の付け根と股間底部のトライアングル。「ビキニライン」という別名もある。
・Iライン……女性器の両サイドに沿った帯状の部位
・Oライン……肛門を囲む半径2センチほどの円形。別名「ヒップ奥」。

VIOという名前は、それぞれ部位に形が似ているアルファベットをあてはめたもの。別に外国語の単語の頭文字ではありません。

というわけで、簡単に言ってしまえば「VIO」を脱毛するのは、アンダーヘアーを脱毛することを指します(また、VIOに関しては「ハイジニーナ」という造語もよく用いられます。これはVIOの全てを完全なツルツルの状態に脱毛することです)。

かつて「欧米では映画女優やモデルの間で、デリケートゾーンの脱毛をするのが流行っている」というニュースが報道された時は、セレブが実践している一風変わった美容法、という印象がありました。

ところがそれから月日が経過し、日本でもVIO脱毛はすっかり一般化しました。「脱毛を考えている」という女性に「最初に施術を希望する部位は?」と質問してみると、ワキに続いてVIOをあげることが多いようです。

ただ上述のようにVIOというのは3つのラインをまとめて呼んだ名前です。実際に施術する時は、3つのうちの一つだけを脱毛、というプランも可能です。

2.各店舗や医院でのVIO脱毛の費用はどれくらい?

脱毛を考えた時、まず調べたくなるのはその料金でしょう。

条件によって料金には相当な違いが出てきますが、このセクションでは「VIOラインをすべて脱毛するプラン」の料金を一覧にしてみます。

まずはサロンの場合からです。

有名店舗の施術料は以下のようになっています——

減毛程度に施術回数を抑える

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回なので、1回の施術料は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回なので、1回の施術料は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回なので、1回の施術料は8,640円)

ツルツルの無毛状態にしてしまう

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回なので、1回の施術料は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回なので、1回の施術料は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回なので、1回の施術料は9,180円)

続いて医療クリニックの場合。

有名クリニックの施術料は以下のようになっています——

減毛程度に施術回数を抑える

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回なので、1回の施術料は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回なので、1回の施術料は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回なので、1回の施術料は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回なので、1回の施術料は18,540円)

ツルツルの無毛状態にしてしまう

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回なので、1回の施術料は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回なので、1回の施術料は11,610円)

(リゼクリニック、城本クリニックについては、8、9回のプランなし)

こうして並べてみると、サロンは施術回数が多いこともあって料金が高め。

普通は施術料が高額とされるクリニックの方が、VIOに関してはリーズナブルなことがわかります。

このうちでは湘南美容外科が特別格安なので、VIO脱毛するならおすすめです。

3.なぜVIO脱毛は、他の部位より施術時の痛みが激しいの?

VIO脱毛をしてもらった人にアンケートをとると、実に90%が「施術の際、痛みを感じた」と答えたそうです。

その理由としては、以下のことが考えられます——

・デリケートゾーンというのは、皮膚が他の部位に比べて薄い
・太い剛毛が密集して伸びている

現在脱毛に用いられる機器は、毛根に高熱を加えることで発毛を阻害します。熱を使うために毛穴周辺の皮膚も軽い火傷状態になるのですが、皮膚が薄いと痛みを強く感じます。

また剛毛の場合はそれだけ毛根も太くなるので、毛穴との接触面積が増えて、痛みも激しくなるわけです。

なお、サロンと医療クリニックでは脱毛方式に差があり、痛みにも違いが出てきます。

クリニックでは「レーザー脱毛」を使い、強烈なレーザー光を肌に照射します。毛根への損傷も大きいため、痛みが激しくなります。

一方、脱毛サロンで採用されているのが「フラッシュ脱毛(光脱毛)」。この方法はマシンの種類によってさらに細分化され、現在は4種類(IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛)があります。

これらのパワーはレーザー光にははるかに及びません。おかげで痛みはクリニックより感じにくくなっています。

そのなかでも、とりわけ痛みが軽微なのがハイパースキン脱毛。毛根全体ではなく、その一部のバルジ領域という部位だけを弱体化するため、それまでよりさらにフラッシュの出力が弱くなっています。

「できるだけ痛みを感じずに脱毛したい」という人は、この方式で施術してもらうのがいいでしょう。

4.施術の流れはどんな感じなのか?

はじめて脱毛の施術を受けるとなると、どうしても緊張してしまうものです。

そんな人のために、ここでその手順を軽く説明してみましょう(なお、サロンと医療クリニックでは使うマシンは違いますが、手順そのものは大体同じです)。

まず前日、施術の準備をおこなう必要があります。それは施術部位の毛を自分で処理すること。

「脱毛するのに、なぜ自己処理しなければならないの?」と思うかもしれません。

施術で使われるレーザー系のライトは黒いメラニン色素に反応し、熱エネルギーに変化します。もし毛が長いとそこで反応が起こり、肌にも火傷が及ぶ可能性があるのです。

ですから、火傷のような事態を避けるために、長い毛は必ず処理して下さい。

なお、処理に用いるのは電気シェーバーにして、肌への負担の大きいカミソリや毛抜きはやめて下さい。

施術で一部の毛は残す予定でも、最初は毛を全部剃り上げておくこと。その方が仕上がりが美しくなります。

次に施術の当日。

施術時に持参するものですが、会員カードだけあれば充分です。ただ、施術後は肌をいたわる必要があるので、体に密着した下着や服はやめたほうが無難です。

そして施術になりますが、紙パンツ&専用ガウンの2点が用意されているので、それに着替えましょう。そのあと、施術用の台へ。

以後は、次のような流れとなります——

1)まず施術部位の肌の状態をチェック(もし乾燥がひどいようなら施術不可)
2)肌の状態に問題がなければ施術部位を消毒
3)ジェルを使い、部位を冷やす
4)脱毛マシンの光線を肌に当てる
5)再び部位を冷却し、保湿ケアをして肌の乾燥を防止

施術前に肌を冷やすのは、光線による高熱が広がるのを防ぐためです。特にVIOは皮膚が薄目なので、この作業は欠かせません。

照射後は肌を再び冷やすとともにミルクローションなどで保湿します。店によっては自社製作のローションを使うところもあるようです。

非常にまれですが、施術後の皮膚に赤みやかゆみ、腫れなどが生じることがあります。その時は冷たくしたタオルなどで肌を冷やしましょう。大抵の症状はそれで治ってしまいます。

なお、施術直後の肌はバリア機能が衰えていますので、以下のことは厳守して下さい——

・施術直後の入浴をさけ、汚れを流す場合はシャワーを使う
・激しい運動はなるべくやめる
・施術したところに日の光を当てない

あと、肌をしっかり保湿することも大切です。日頃から用いているローションでいいので、潤いを絶えず供給しましょう。

5.施術後、ムダ毛が抜けるのはいつ?

「サロンや医療クリニックで施術してもらったけど、ずっと毛が抜けないので心配になる」——

ネットで脱毛関連の記事などを調べていると、こういった口コミが目につくことがあります。

勘違いする人もいるのですが、施術後、必ずその直後に毛が抜け始めるわけではありません。

毛根の強さというのは個人差も大きく、人によっては1週間ほど必要な場合もあります。それでも2週間ほどすればその部位はツルツルの状態になるでしょう。

施術以降の流れは、以下のようになっています——

1)マシンの光線で毛根がダメージを受ける
2)毛根が徐々に弱まっていく
3)毛根の力が弱まり、毛が切れそうになる
4)切れた毛が毛穴から抜けていく

なお、はじめて施術を受ける場合は——

・最初だということで、スタッフがマシンの出力を弱めてしまう
・ダメージを受けるのが初めてなので、毛根の強度がまだ維持されている

などの理由で、抜け始めが遅れることが多いようです。

また、サロンのフラッシュ脱毛はパワーが弱く、効果がなかなか出ないことがあります。

それが心配な人は医療クリニックを選び、威力の強いレーザー脱毛を受けてみましょう。

以上、VIO脱毛のベーシックな情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし「デリケートゾーンを自己処理する回数が多い」という女性がいたら、一度脱毛することをオススメします。毛抜きやカミソリは肌のコンディションを悪化させ、面倒なトラブルを引き起こす可能性があります。

脱毛すればデリケートゾーンが衛生的になるばかりでなく、肌トラブルの予防にも役立ちます。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い足脱毛サロン@長岡

【2019版】足脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@長岡

長岡で足脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステ長岡店

長岡市内にあるジェイエステの店舗情報

長岡店 〒940-0867 新潟県長岡市豊1-584-1
国道8号線沿いパルス敷地内あっぷるぐりむさん隣

ジェイエステ長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステ長岡店でカウンセリングを受けてみる

TBC長岡店

長岡市内にあるTBCの店舗情報

長岡店 〒940-0061 新潟県長岡市城内町2-6-1
高野不動産駅前ビル4F
長岡駅大手口から徒歩2分

TBC長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

TBC長岡店でカウンセリングを受けてみる

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

足脱毛をする前に知っておきたい6つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.脱毛を試してみるなら、値段のリーズナブルなジェイエステティックで
3.脱毛が終わるまでの日数、および施術の回数は最低どれくらい?
4.脱毛に1年以上もかかる理由は?
5.サロンとクリニックの2つで、脱毛方法はどう違うのか?
6.施術の後の入浴は避けるべき

1.サロン選びの際の注意点!

足は面積の大きなパーツです。そこでサロンや医療クリニックでは、細かい部位(「ひざ上」「ひざ下」「ひざ」「足の甲・指」)に分けた上で、それぞれの施術がおこなわれるのが通常の手順となっています(もちろん、足全体のパックコースも用意されています)。

サロン、クリニックによってそれらの料金には幅があります。ビックリするほど安価なサロンから信じられないくらい高額なクリニックまで色々あるので、脱毛を決めたら公式HPを入念にチェックしましょう。
料金をしっかりと比較検討することによって、よりお得に施術ができます。

ただ、最近はかつてないほどの脱毛ブーム。サロンとクリニックが余りにありすぎて、すべてをチェックするのは無理かもしれません。

そこで、料金の点で推薦したいところをいくつか挙げてみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円(施術=6回)
・ひざ下……18,000円(施術=6回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円(施術=8回)
・足全体……48,000円(施術=8回。ひざ上・ひざ下は6回)

銀座カラー

・ひざ上……42,000円(施術=8回)
・ひざ下……42,000円(施術=8回)
・ひざ……21,000円(施術=8回)
・足の甲・指……21,000円(施術=8回)
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円(施術=8回)
・ひざ下……31,200円(施術=8回)
・ひざ……14,400円(施術=8回)
・足の甲・指……14,400円(施術=8回)
・足全体……91,200円(施術=8回)

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円(施術=8回)
・ひざ下……31,840円(施術=8回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円(施術=8回)
・足全体……95,520円(施術=8回)

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円(施術=5回)
・ひざ下……41,250円(施術=5回)
・ひざ……13,750円(施術=5回)
・足の甲・指……13,750円(施術=5回)
・足全体……92,900円(施術=5回)

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円(施術=5回)
・ひざ下……89,800円(施術=5回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円(施術=5回)
・足全体……119,800円(施術=5回)

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円(施術=6回)
・ひざ下……81,000円(施術=6回)
・ひざ……28,750円(施術=6回)
・足の甲・指……28,750円(施術=6回)
・足全体……219,500円(施術=6回)

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円(施術=5回)
・ひざ下……60,000円(施術=5回)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円(施術=5回)
・足全体……100,000円(施術=5回)

となりました。

サロンの中で最もリーズナブルといえるのがミュゼです。足のほとんどを占めるひざ上、ひざ下を施術しても、たった36,000円。
この2つの部位を脱毛するだけでいいなら、他のサロンに比べて圧倒的に安くあがります。

ただ、足の全パーツをツルツルにしたいとなると、銀座カラーが最もお得でしょう。何しろ総額151,152円で通い放題です。つま先から太ももまで足をツルツルにしたい女性は、このプランを選ぶことをおすすめします。

次にクリニックの方ですが、脱毛効果が長続きすることもあって施術料はサロンより高額です。その中でアリシアクリニックは最もリーズナブル。ひざ、ひざ上、ひざ下、足の甲・指が脱毛できる「足全体プラン」はわずか92,900円です。

医療クリニックには、部分脱毛にもかかわらず40万円以上という驚愕の値段設定をしているところもあります。それに比べると、アリシアクリニックの10万円以下のセット価格というのはとんでもなくお得です。

2.脱毛を試してみるなら、値段のリーズナブルなジェイエステティックで

大掛かりな全身脱毛と比べると、部分脱毛は相当リーズナブルです。ただ面積が広いこともあって、足脱毛の費用は結構高いといえます。
脱毛初心者の中には「いきなり高いプランは契約したくない」という人もいるかもしれません。

そんな方に推薦したいのが、ジェイエステティックの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」です。

これなら、両ワキのほかに自分の選んだ3部位が施術可能。しかも料金は300円というから驚きです。もちろん回数には制限がありますが、脱毛を経験したい人にはピッタリ。

これで脱毛の様子を知ったら、改めて自分好みの店やプランを探しましょう。

3.脱毛が終わるまでの日数、および施術の回数は最低どれくらい?

足脱毛の費用については、上の文章で大体見当がついたでしょう。

続いて、脱毛が終わるまでの日数、および施術の回数と頻度に関して、解説しましょう。

サロンとクリニックの公式サイトで日数・回数などのデータを調べてみると、以下のようになりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

これを一見して「予想していた以上に時間と施術回数がかかる」と感じられた人もいるかもしれません。

実は、足というのは体の部位の中でも脱毛効果があらわれやすい、と言われています。それでもこれほどの施術回数と長い日数が欠かせないのです。

これにはいわゆる「毛周期」と、現行の脱毛方法とが密接に関係しています。

その詳細を以下のセクションで解説しましょう。

4.脱毛に1年以上もかかる理由は?

まず、脱毛方法から説明していきます。

現在、サロンやクリニックで脱毛に用いられているのは、ほとんどがレーザー技術を応用した機器です。肌にレーザー系のライトを照射し、毛根にダメージを与えることで脱毛します。

このライトは黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わります。
ムダ毛にはメラニンが含有されているので、ライトが生み出した熱エネルギーが発毛部位に大きな損傷を及ぼし、発毛を妨害するのです。

「それなら1回ライトを当てればムダ毛は伸びてこないのでは?」と思われるかもしれませんが、そう安直にはいきません。というのも、肌に伸びているムダ毛は全部同じに見えても、毛根のところでは一本一本に違いがあるからです。

体毛は抜けては生えることを繰り返してその本数を保っています。この毛のサイクルを「毛周期」と呼びます。

毛周期には3つの期間(「成長期」「退行期」「休止期」)がありますが、このうち脱毛の効果があるのは、毛が毛根から伸びていく「成長期」だけです。

「退行期」と「休止期」はもはや成長がストップしているために、ライトを照射しても効果が期待できません。

施術後2週間以内に成長期の毛はすべて抜け落ちてしまい、1〜2ヶ月くらいはツルツルの状態が続きます。

しかしやがて毛が再生するので、再び光を照射。
これを長い間繰り返すと毛根が弱体化し、ムダ毛の本数も減少します。

このようにして発毛機能が衰えていき、ようやく脱毛が終わるわけです。

そのため、施術のペースが非常にスロー(1〜2ヶ月に1回)になるのも仕方ありません。

以上、なぜ脱毛に長い時間が必要なのか、お分かりになったでしょう。

5.サロンとクリニックの2つで、脱毛方法はどう違うのか?

現在脱毛がおこなわれているのは、サロンと医療クリニックの2ヶ所です。この2つの違いは、主に脱毛方法にあります。

サロンでは「光脱毛(フラッシュ脱毛)」が主流。そしてクリニックでは「レーザー脱毛」がもっぱら使われています。

両者とも「レーザー系のライトを使用している」という点では同じです。ではどういうところに相違があるのかというと、毛乳頭、毛母細胞などの発毛組織にダメージを与える威力です。

レーザー光というのは、フラッシュ脱毛で使われるIPLよりも波長が長く、肌の奥にある毛根に強烈なダメージを与えます。
そのため、毛乳頭や毛母細胞を完璧に破壊することができ、脱毛効果がかなり長く続きます。

また、脱毛の終了には大体2ヶ月ごとに何度も施術しなければなりませんが、サロンのIPLの場合は脱毛完了まで8〜12回も必要なのに対し、レーザー光の場合は5〜6回で完了してしまいます。

もし短期間で脱毛を終えたい人は、レーザー脱毛の方がいいでしょう。

ただレーザーの施術には、「痛みがひどい」という大きなデメリットがあります。

痛みを避けたい人には、「ライトシェアデュエット」というマシンがおすすめです。ピンポイントでライトを照射できるため、痛みが少ないというメリットを備えています。

ライトシェアデュエットを採用しているところには、アリシアクリニック、レジーナクリニックがあります。ぜひ公式HPでチェックしてみましょう。

6.施術の後の入浴は避けるべき

サロンや医療クリニックで施術してもらうと、必ず「今日は入浴しないで下さい」と注意されます。

「別に手術で傷が出来たわけじゃないのに、なぜ入浴が禁止なんだろう?」と不思議に感じる人もいるでしょう。

確かに施術においては別にメスのようなものは使用しません。しかし、脱毛機のIPLやレーザー光は、毛穴やその周辺の肌組織に火傷に似たダメージを与えます。

熱の損傷を受けた肌をケアするために、入浴をはじめ、飲酒、激しい運動などは「なるだけおこなわないように」と言われるのです。

損傷が悪化すると、かゆみ、赤みといった軽い症状だけでなく、タチの悪い炎症が起こることもあります。そうなると肌にその醜い痕が残りかねません。

施術スタッフのアドバイスをしっかりと聞いて、術後の肌をガードしましょう。

以上、足脱毛の様々な情報を細かく紹介してみました。役に立ったでしょうか?

何度も述べましたが、カミソリなどによる自己処理はおすすめできません。処理をやめるためにも、サロンや医療クリニックで脱毛しましょう。
施術によって、肌の美しさがさらにアップするはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い腕脱毛サロン@長岡

【2019版】腕脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@長岡

長岡で腕脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステ長岡店

長岡市内にあるジェイエステの店舗情報

長岡店 〒940-0867 新潟県長岡市豊1-584-1
国道8号線沿いパルス敷地内あっぷるぐりむさん隣

ジェイエステ長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステ長岡店でカウンセリングを受けてみる

TBC長岡店

長岡市内にあるTBCの店舗情報

長岡店 〒940-0061 新潟県長岡市城内町2-6-1
高野不動産駅前ビル4F
長岡駅大手口から徒歩2分

TBC長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

TBC長岡店でカウンセリングを受けてみる

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

腕脱毛をする前に知っておきたい7つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.腕脱毛によるメリットとはどんなものか?
3.腕脱毛を受けるとしたらどれくらい費用がかかる?
4.サロンやクリニックではどうやって脱毛しているの?
5.サロンとクリニックの差とは?
6.なぜ脱毛は時間と回数がかかるのか?
7.サロンとクリニックのオススメはどこ?

1.サロン選びの際の注意点!

最近、技術が進歩したこともあって脱毛はちょっとしたブームを呈しています。料金も下がっており、サロンやクリニックに手軽に行く女性が増えているようです。

さらにお試しプランを設ける店も多くなり、初心者でも安価に脱毛体験ができるようになりました。

それでも「脱毛なんか贅沢だ。お金がもったいない」と考えている女性も多いかも知れません。

でも、市販の器具を使って自己処理をしていると肌によくありません。
それを考慮すると、やはりプロの手で脱毛してもらうのには大きなメリットがあるといえます。

ちなみに自己処理で使う器具について、その長所と短所をあげてみると——

カミソリ

・長所……どこでも手に入り、気軽に使える。処理も短時間で可能
・短所……角質を傷つけることが多く、肌に潤いがなくなる

毛抜き

・長所……毛根を含めて除去するためにブツブツがない
・短所……毛穴へのダメージが大きく、肌トラブルが起こりやすい

除毛クリーム

・長所……さっと塗るだけなので簡単。足などの広い部位でも楽に処理できる
・短所……刺激の強い配合成分が入っていて、炎症になりやすい

電気シェーバー

・長所……肌への刺激が少なく、どこでも使用できる
・短所……深剃りがしずらく、短い毛が残りやすい

となります。

どうしても自己処理するのなら、オススメは電気シェーバーです。直接刃が皮膚に当たらないので、肌への刺激が少なくてすみます。
ただカミソリほど深剃りができるわけではないので、毛穴のブツブツが目立ちがちになります。

その他のものはいずれも肌への刺激が大きく、続けて使っていると肌のコンディションによくありません。

やはり、なめらかな肌を保ちたいならサロンやクリニックで脱毛し、自己処理をできるだけ早くストップすべきです。

2.腕脱毛によるメリットとはどんなものか?

サロンやクリニックに通ってマシンで脱毛してもらうと、どんな良いことがあるのでしょうか?

1.ムダ毛を気にせず、好きな服が着られる

腕は季節にかかわらず肌を露出することの多い部位で、そこに生えた毛も目立ちがちです。

人から軽蔑の目で見られないためには自己処理がどうしても必要なのですが、サロンや医療クリニックでツルツルにしてしまえばその手間が不要となります。
腕を露出する服を着る時も周りの視線が気になりません。

2.厄介な自己処理から解放される

腕は面積が広いこともあって、露出すると視線を浴びやすくなります。ムダ毛を気にして2、3日置きに剃っている女性もいるようですが、施術でツルツルにすればそんな面倒から解放されます。

3.施術によって肌の状態も好転する

ずっと自己処理をしていることが原因で、肌荒れはもちろん、色素沈着、埋もれ毛といった肌トラブルを起こしている女性も少なくありません。

サロンで脱毛してもらえば、IPLと呼ばれる特別な光の効果で肌トラブルの改善ができるうえに、肌に潤いを与えるアフターケアも受けられます。サロンに通い続けていれば、肌そのものが美しくなっていくでしょう。

3.腕脱毛を受けるとしたらどれくらい費用がかかる?

腕脱毛をしたいと思った時、まず知りたくなるのが料金でしょう。

有名な脱毛サロンや医療クリニックの公式ホームページを開き、その料金を調べてみました。

その上で平均を出してみたところ、サロンは——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックは——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という結果になりました。

これで分かる通り、サロンとクリニックでは後者の方が圧倒的に料金が高くなっています。

なぜ高いのかは色々な理由がありますが、とりわけ一因としてあげられるのは、クリニックではレーザー脱毛をおこなうため、その機器のメンテナンス料と人件費がかさむことです。

レーザー光は照射パワーが強烈で、それだけ脱毛効果もサロンとは比べものになりません。サロンだと施術を1年以上続けても中々毛が減らなかったのに、クリニックでは数ヶ月で脱毛の実感を覚えたという感想もネットに投稿されています。

しかし、パワーが強いことには欠点もあります。それは痛みが激しいこと。

中にはあまりに痛みがひどいため、中途解約してサロンへ鞍替えする人もいるほどです。

つまり——

・多少の痛みは耐えられる
・高い料金でもいいから脱毛を早く終えたい

といった人はクリニックと契約すべきでしょう。

4.サロンやクリニックではどうやって脱毛しているの?

脱毛の歴史は人類の歴史と重なると言われ、クレオパトラも脱毛剤を用いていたそうです。

もちろん、当初は原始的なやり方で脱毛していたようですが、やがて近代に入ると様々な科学技術を用いた施術方法が開発されました。

その中でも特にポピュラーだったのが「美容電気脱毛」(あるいは「ニードル脱毛」)と呼ばれる方法。電気針を毛穴に突き刺し、その毛根部位に損傷を与えてムダ毛を防ぎます。

発毛阻害の点では優秀なやり方なのですが、何しろ針のせいで相当な痛みを伴います。それに時間がかかる欠点もあって、現在は一部のクリニックでしかやられていません。

代わって主流になったのが、レーザー技術を応用した方法。

サロンでは、IPL(インテンスパルスライト)を用いた「フラッシュ脱毛」が1番よく使われます。この光は毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部などで熱エネルギーに変わり、その機能を弱体化します。

IPLは照射パワーが弱いため、脱毛が終わるのに相当な期間と施術回数が要ります。
ただ、料金は安く、痛みもそれほど激しくない、という長所があります。

そして、クリニックの方でメインなのがレーザー脱毛。その名前の通りレーザー光を照射しますが、威力は圧倒的で、毛根を完全に死滅させます。

その分痛みが激しいのが欠点ですが、早く脱毛を終えたい場合はこのレーザー脱毛を選ぶべきです。

5.サロンとクリニックの差とは?

脱毛すると決めたらサロンかクリニックのどちらかに通うわけですが、2つにはどんな差があるのでしょう?

特徴を列記してみると——

脱毛サロン

・施術は「フラッシュ脱毛」でおこなう
・永久脱毛は不可(抑毛、減毛効果のみ)
・料金はリーズナブル

医療クリニック

・施術は「レーザー脱毛」でおこなう
・永久脱毛が可能
・料金はサロンの約2倍

となります。

さらに、クリニックについては——

・パーツ次第でサロンより安くすむこともある
・医師資格を持っているスタッフが施術する

といった特徴もあります。

これらを見ると「料金は高めだが、永久脱毛のできるクリニックにしたい」という人が多いかもしれません。

ただ、「近くには脱毛クリニックが見当たらず、サロンしか通えない」という人もいるでしょう。

でも落胆しなくても大丈夫です。サロンには、脱毛終了後も施術に通えるコースを設けているところがあります。これなら永久脱毛と変わりません。

また毛が薄い場合はサロンでも必要な効果が得られるので、わざわざクリニックに通うことはありません。

6.なぜ脱毛は時間と回数がかかるのか?

腕脱毛が終わるまでの施術回数と日数はどれくらいでしょう?

目安としては——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

となっています。

「これほど回数と期間がかかるのはなぜ?」と思われる人もいるでしょう。

それにはムダ毛の「毛周期」が関係しています。

体の毛は「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を経て新しくなっていくのですが、毛周期はそのサイクルのことです。

そして、脱毛の施術はこのうちの成長期の毛だけに効果があります。

退行期と休止期の毛は、毛根部位から離れたか離れつつある状態にあるため、いくら光を照射しても脱毛効果はありません。
ですから成長期の毛と異なり、毛根の働きでムダ毛が再び成長してしまうわけです。

施術では、この成長期の毛に光を照射しなければなりませんが、問題は一本一本の毛の成長期がバラバラなこと。

そのため、すべての毛を脱毛しようと思ったら、完了までの期間が非常に長くなってしまうのです。

サロンよりも医療クリニックの方が施術回数も日数も少ないのですが、それでも1年ほどはかかってしまいます。

中には「1年も経たないうちにツルツルになった」という人もいますが、その状態も一時的なものです。退行期、休止期から成長期に入ると、また毛が伸びることが珍しくありません。

毛の太さ、体質、あるいは照射パワーによって日数は変わりますが、とにかく完了まで時間がかかることを覚悟しておきましょう。

7.サロンとクリニックのオススメはどこ?

腕脱毛をする時にオススメしたいサロンとクリニックをあげてみます。

まずはサロンから——

ミュゼ

ミュゼは店舗数、売上、満足度が脱毛業界でNo.1。顧客数ももちろんトップで、330万人を超えるといわれています。

また電車の広告などで盛んに宣伝を行っているので、脱毛に興味がなくても名前はよく見かけるはずです。

新規客獲得にも力を入れていて、お得なキャンペーンも毎月のようにおこなっていますから、うまく時期を選べばかなりリーズナブルに脱毛できます。

腕脱毛専門のプランは特に用意されてはいません。ただ、「フリーセレクト美容脱毛コース」の「Lパーツ」をチョイスすれば、効率よく腕毛を施術可能です。

これは腕、脚といった、面積の広い部位を選んで施術するプランで、9部位の中から好みのところを選んだあと、回数を割り振った上で脱毛できます。

また全身脱毛コースならさらにお安くなりますから、腕以外も脱毛したい人はこのコースを選ぶ方がお得かもしれません。

さらにイタリアのDEKA社によるSSC(スムース・スキン・コントロール)方式の機械を採用しているのもメリットのひとつ。

これは専用ジェルとクリプトンライトを組み合わせるもので、従来のIPLよりもパワーが抑制されていて、施術の痛みが軽微になっています。

痛みがイヤだという人でも、ミュゼなら安心して施術可能です。

次にオススメのクリニックは——

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックはゴールデンタイムでもCMを流しているため、知名度は抜群です。その点で信頼性に富んでいるといえるでしょう。

腕脱毛をする時は、Lパーツの「両ヒジ上」と「両ヒジ下」を選びましょう。

そしてぜひともオススメしたいのは、契約前に「ポイントカード会員」や「プラチナカード会員」になること。
これで料金が3%〜5%もディスカウントされるので、年会費1万円を出してもお得です。

また、「手足スッキリセット」というコースもあり、ヒジ上、ヒジ下、ヒザ上、ヒザ下という4部位を脱毛することができます。

ちなみに湘南美容クリニックには、施術に有効期限がありません。

他の医療クリニックでは施術にタイムリミットが設けられていて、契約から1年ほどで施術が不可になり、支払った料金がムダになってしまいます。

ところが湘南美容外科クリニックならいつまでも施術可能なため、契約した分は必ず脱毛できます。

以上、腕脱毛に関する情報とオススメのサロンとクリニックを紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこの頁の情報を参考に、自分に合ったサロンやクリニックを見つけ出して下さい。脱毛することで自己処理がいらなくなり、肌のコンディションが改善されるはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い顔脱毛サロン@長岡

おすすめの顔脱毛サロン@長岡

【2019版】顔脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@長岡

kao

長岡で顔脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステ長岡店

長岡市内にあるジェイエステの店舗情報

長岡店 〒940-0867 新潟県長岡市豊1-584-1
国道8号線沿いパルス敷地内あっぷるぐりむさん隣

ジェイエステ長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステ長岡店でカウンセリングを受けてみる

TBC長岡店

長岡市内にあるTBCの店舗情報

長岡店 〒940-0061 新潟県長岡市城内町2-6-1
高野不動産駅前ビル4F
長岡駅大手口から徒歩2分

TBC長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

TBC長岡店でカウンセリングを受けてみる

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

顔脱毛をする前に知っておきたい8つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.顔脱毛の平均費用はいくらくらいなの?
3.「お試しコース」で脱毛を体験してみよう
4.オススメのサロンは?
5.施術は歯の治療を受けているとできない?
6.脱毛でニキビの症状が悪化する?
7.施術の光のせいで、シミやそばかすができる?
8.施術に出かける時、化粧していていいの?

1.サロン選びの際の注意点!

サロン選び

顔脱毛について詳細を述べていく前に、まず今の脱毛の施術がどのような方法で行われているのか、ちょっと解説しておきます。

以前、脱毛というのはかなり面倒な作業でした。施術用に作られた「プローブ」と呼ばれる針を毛穴ひとつひとつに突き刺し、電気によってその毛根組織を焼き切っていたのです(これを「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と呼びます)。

この方法は毛根に損傷を与えるという点では優れているのですが、何しろ針をグサグサ刺していくわけですから、どうしても痛みがあります。
おまけに電気を通すわけですから、痛みが苦手な人にとっては拷問じみた怖さがあります(おかげで「脱毛は痛いもの」という印象が世間に定着してしまいました)。

やがてこのニードル脱毛は「時間がかかりすぎる」という理由もあって流行らなくなりました。いまでは一部の医療クリニックでしか使われていません。

では現在用いられている脱毛方法は何かと言うと、痛みが軽微で効率の良い「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。

光脱毛はレーザーの原理を応用したもので、肌に光を照射するだけで脱毛できるのが大きな特徴です。

レーザー系の光は波長ごとに色々な色素に反応するのですが、脱毛用の光の場合は、黒いメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化します。

その結果、皮脂腺開口部、毛乳頭、毛母細胞といった組織が高熱に包まれ、発毛が阻害されるわけです。

レーザー系の光のうち、サロンで最もポピュラーなのが「IPL(インテンスパルスライト)」というもの。

このIPLは脱毛以外にも、くすみ、毛穴の引き締め、赤ら顔、ニキビ痕などの治癒に使われていた実績があります。脱毛の施術中も肌にケア効果をもたらし、コンディションが良くなる、というおまけつき。

最近では、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新方式が次々と発明され、店によって施術方法も多種多様になってきました。

これらの方式についてはメリットとデメリットがあります。
それらを知った上で、自分にピッタリなものを選べばいいでしょう。

2.顔脱毛の平均費用はいくらくらいなの?

顔脱毛の平均費用

顔脱毛をしようと決めた時、1番気になるのはその料金でしょう。

有名サロン20社のデータを集めて平均料金を算出すると「41,033円」になりました。

脱毛の費用は高い、と思い込んでいた人は「案外安い」と思うかもしれません。

ちなみにサロンばかりでなく、医療クリニックでも顔脱毛は可能です。

こちらもデータを集めて平均料金を出すと「131,325円」となりました。

つまり、医療クリニックで施術を受けると、料金はサロンの3倍以上になってしまいます。

さすがにこの金額を見ると「ちょっとお高い……」と感じる人が多いかもしれません。

ただクリニックでは毛根を完全に死滅させる「永久脱毛」が可能です。これは普通のサロンではおこなっていません。

サロンを選ぶかクリニックを選ぶか、自分の希望に合わせて決めて下さい。

3.「お試しコース」で脱毛を体験してみよう

お試しコース

脱毛の初心者を顧客にするために、大抵の有名サロンではお得なお試しコースが用意されています。これによってその店の脱毛技術、サービス、接客態度等がチェックできますから、おすすめです。

なお、申し込みする場合は電話はやめて特典のあるネット経由にしましょう。希望するサロンのHPへ行き、料金を確認した上で手続きします。

その時、店へ行く日を予約。それから出向くことになりますが、施術より前に受けるのがカウンセリングです。内容は、施術を希望する部位の聞き取り、脱毛についてのガイダンス、プランに関する説明など。

初日はこのカウンセリングだけで終り。施術の方は、予約の上で後日受けることになります。

施術の時は——

・スタッフの接客態度はいいか?
・施術に痛みはともなうか?
・術後の保湿ケアはしっかりしているか?

などをチェックしましょう。

これでよい印象なら、正規プランの契約をしましょう。印象が悪いなら他のサロンをネットで調べ、また「お試し」に行くことになります。

最近は脱毛が大流行でサロンも増えています。自分に合った店にやがて出会えるはずです。

オススメのサロンは?

オススメのサロン
顔脱毛で人気を集めているサロンを2つあげてみましょう。

まず、知名度抜群の「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美などのCMを見た人も多いでしょう。

ここの顔脱毛の特徴は、他のサロンよりも施術可能な部位が多いこと。他店で脱毛したものの不満で、キレイモで改めて施術し直す女性もいるようです。

続いて推薦したいのは、「ジェイエステティック」。

ここで最も人気のあるのが「フェイス6」というプラン。料金が1回あたりわずか2,500円なので、「脱毛はなるべくリーズナブルにしたい」という人にはもってこい。

またヒアルロン酸のジェルを使っているので、施術の熱のせいで乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「サロンの数が多すぎて、どこと契約すればいいのか分からない……」と悩んでいる人は、この2つのサロンの情報をチェックしてみて下さい。

以上、現在の脱毛方法、平均的な費用、お試しコース、評判のサロンについて紹介してみました。

これ以降は、施術に通ううちに感じてしまう疑問や、脱毛を効率よくおこなうための注意点について、具体的に解説していきましょう。

5.施術は歯の治療を受けているとできない?

歯の治療

毛には一本一本に毛周期というものがあり、成長の周期はバラバラです。施術はその周期を考慮しなければならないため、どうしても手間と日数がかかってしまいます。

「脱毛ってなんで数ヶ月もサロンに通う必要があるの?」と疑問に思う人もいるのですが、完全に毛が生えないようにするにはそれくらいの期間は必要です。

このようにサロン通いが長期になるため、その期間中に虫歯になり、歯医者で治療を受けなければならない、という人も出てくるでしょう。

日数をたっぷりあけて予約が取れればいいのですが、色々な都合で脱毛の施術と歯の治療が連続してしまう可能性もあります。こんな場合、何か問題は起こらないのでしょうか。

気になるのでいくつかのサロンに聞いてみると、「普通の歯の治療なら、日を置かずに脱毛の施術もオーケー」とのこと。

ただ、ひとつ注意する必要があるのは、歯医者で渡される痛み止めについてです。

実は、痛み止めの中には「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こすものがあります。

これは、強い光を当てると皮膚が過剰な反応を起こし、むくみ、かゆみ、水ぶくれなどが生じるというもの。痛み止めを摂ったら必ずこの症状が出るというわけではありませんが、万が一に備えて施術前の痛み止めの摂取は禁じられています。

もしそれを知らずに摂取してしまったら、必ずスタッフに申告するようにしましょう。

また歯列矯正をしている人も、そのことを施術前にスタッフに言って下さい。施術の光が器具に反応して熱を発し、口の中が火傷してしまう可能性があります。口周りの施術は避けるべきです。

ただ、非金属(プラスチックやセラミック)の矯正器具なら、問題なく施術できます。

このように条件は複雑なので、不安なことがあったらスタッフに必ず相談し、施術するかどうか判断してもらいましょう。

6.脱毛でニキビの症状が悪化する?

ニキビの症状が悪化
サロンでは施術に当たって色々な条件を設けています。

たとえばムダ毛が長いとそこで光が反応し、皮膚を火傷することがあります。
それを避けるために客の方で毛を剃っておく必要があるのですが、ついそれをサボってしまう人もいます。
その場合、そこの施術は後回しになります。

また皮膚の極端な乾燥も施術中止の一因となります。肌の乾燥がひどいと、光による高熱で無用なトラブルを招きやすくなるからです。

では、ニキビのために施術が不可能になる、ということはあるのでしょうか?

サロンに質問してみたところ、ほとんどの店では「ニキビがあっても施術は可能」とのこと。

というのも、施術ではメラニン色素を含んだ発毛組織に損傷を与えるだけで、ニキビのできた肌には影響がないからです。ですから施術しても問題はありません。

ただ、あまりに炎症がひどいときは施術で症状が悪くなることもあります。大事を避けるためにスタッフに判断してもらった方がいいでしょう。

7.施術の光のせいで、シミやそばかすができる?

シミやそばかすの悩む

上で述べたように現在の脱毛方法は、メラニン色素に反応するレーザー系の特殊な光を肌に照射する、というものです。これは医療クリニックでもサロンでも同じことです。

「レーザーのような強烈な光を肌に当てたら、日焼けした時のようにシミができるのでは?」と不安を感じる人もいるかもしれません。

確かに紫外線による日焼けはお肌の大敵。サロンのIPLも光度の大きいものなので、太陽と同じように肌に悪い影響を及ぼすのではないか、と思い込みがちです。

しかしこれまでに書いたようにサロンで用いられる脱毛器は、エステで肌トラブル解消のために使用されてきた実績があります。肌のケアをおこなうくらいですから、決して皮膚を傷つけるものではありません。

「でもネットにはよく『顔脱毛をやったせいで、そばかすやシミができた』という口コミが投稿されているけど?」

そういう例を出して反論する人がいるかもしれません。

このようなことについては、2つの理由があげられます。

まずターンオーバーが活発化したため、深層に潜んでいたシミ予備軍が肌の表面に出てきた、というもの。

施術のせいで新陳代謝が進行し、隠れていたシミが肌にあらわれることは珍しくありません。

ただ、それらはさらにターンオーバーが進むにつれ、ほとんどが消滅してしまいます。

あと施術の影響で乾燥した肌に傷がつき、術後のケア不足からそれが痕になってしまうケース。これをシミだと勘違いしてしまうことがあります。

いずれにせよ、シミなどが残るのは脱毛が直接の要因というわけではありません。施術を受けても、その後の保湿をしっかりすれば大丈夫です。

8.施術に出かける時、化粧していていいの?

化粧してもいいの?
契約を交わし、いざサロンに出かけようという時、初心者が困惑するのが、

「化粧をしていっていいのか?」

ということ。

なにしろ顔を施術するわけですから、メイクしたままでは邪魔になります。

しかし10代の女の子は別として、常に化粧をしている女性がサロンに着くまでスッピンでいろというのも酷な話です。初心者が不安を覚えるのも当然といえます。

結論を先に言ってしまうと、普段のようにメイクをしていっても大丈夫です。

というのも、サロンには大抵化粧用のブースがありますし、店によっては施術担当者がメイクを落としてくれるサービスもあります。

ただ、いくらそんなサービスがあるといっても、メイクが念入りだとそれだけオフするのに手間がかかります。

スタッフに嫌な顔をされないためにも、化粧は控えめにして出かけましょう。

以上、顔脱毛の詳細な情報、そしてサロンの選び方等について紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページの知識を参考に、自分に合ったサロンを見つけて下さい。
産毛を脱毛することで毛抜きやカミソリを用いる必要もなくなり、肌の状態も改善されていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い脇脱毛サロン@長岡

おすすめの脇脱毛サロン@長岡

【2019版】脇脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@長岡

長岡で脇脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステ長岡店

長岡市内にあるジェイエステの店舗情報

長岡店 〒940-0867 新潟県長岡市豊1-584-1
国道8号線沿いパルス敷地内あっぷるぐりむさん隣

ジェイエステ長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステ長岡店でカウンセリングを受けてみる

TBC長岡店

長岡市内にあるTBCの店舗情報

長岡店 〒940-0061 新潟県長岡市城内町2-6-1
高野不動産駅前ビル4F
長岡駅大手口から徒歩2分

TBC長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

TBC長岡店でカウンセリングを受けてみる

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

脇脱毛をする前に知っておきたい8つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.そもそも「脱毛」って?
3.気になるワキ脱毛の詳細(施術回数、費用、痛みの有無)について
4.ワキ脱毛で失敗を避けるために
5.脱毛サロンと医療クリニックの差はどんなところにある?
6.なぜワキ脱毛はリーズナブルなのか?
7.脱毛完了後、効果に満足できない場合はどうすればいい?
8.脱毛してしまうとワキ汗の量が多くなる?

1.サロン選びの際の注意点!

5月を過ぎ、気温が徐々に上がってくると、肌を見せる機会も増えてきます。
特に夏たけなわの8月ともなると、半袖やノースリーブで外へ出ることが多くなるでしょう。

その時に注意を払う必要があるのが、ワキに生えているムダ毛です。

処理がキッチリとされていないと、腕を無防備に上げた時など他人にのぞかれてしまい、とんだ恥をさらすことになります。

ただ、ワキ毛の自己処理というのは相当手間がかかります。カミソリを使っている場合は、1日でも怠けるとすぐブツブツが目立ってきますし、毛抜きで抜くと痛みがひどく、処理そのものがイヤになります。

「自己処理が大変だから、サロンで脱毛してもらおうか……」

そう考えてしまう女性も多いでしょう。でもサロン初心者にとって、脱毛の施術を受けるというのは結構ハードルが高い行為です。

「脱毛ってどれくらいの日数がかかるの?」
「完了までに受ける施術の回数は?」
「痛みがひどいという話だけど、本当なの?」
「最終的に費用はいくらかかる?」

結局、これらの疑問点のためにウジウジと悩み続け、サロンには通わないまま自己処理をやっている、という人も少なくありません。

そこでこのページを立ち上げ、ワキ脱毛に関する情報、そしてサロンの選び方について説明し、初心者の疑問を解決してみることにしました。

以下に述べられた情報が、ワキ毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

2.そもそも「脱毛」って?

ワキ脱毛の情報を紹介していく前に、まず「脱毛とはそもそもどんなものか?」ということを説明します。

まだまだ誤解している人が多いのですが、サロンや医療クリニックでの「脱毛」というのは、別に一本一本の毛を器具で抜いていく行為ではありません。
脱毛は毛を再び生やさないようにする技術であり、皮膚の奥に隠れている毛根部分がそのターゲットなのです。

脱毛は「古代文明ですでに行われていた」と言われるほど歴史が古く、その技術は徐々に進歩してきました。
しばらく前は電気針を用いて毛根を焼き切っていましたが、現在は新しい方法が開発され、特殊な光を肌に当てて毛根に影響を及ぼします。

この時に使われるIPL(サロンで使用)やレーザー(クリニックで使用)などの光は、黒いメラニン色素だけに反応し、光から熱に変化する特徴を持っています。
照射すると皮膚はそのままで、発毛を促進する組織(毛母細胞、毛乳頭など)だけに大きな損傷を与えます。

この方法は脱毛の歴史を塗り替える画期的なものでした。
おかげで施術を受ける人も爆発的に増え、近年ではこれまでの顔、脚に加え、VIOなどの特殊な部位も脱毛する女性が出てきました。

その中でもワキは最も人気のある部位。
脱毛初心者が最初に施術してもらうところも、圧倒的にワキだと言われています。

また、ワキは汗腺が特に集まっているところです。そのために老廃物や汚れが溜まりやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった症状や病気が発生しやすくなっています。

ワキの健康的なコンディションをキープするためにも、ムダ毛を1日でも早く脱毛し、刺激の強い自己処理とサヨナラしましょう。

3.気になるワキ脱毛の詳細(施術回数、費用、痛みの有無)について

上に述べた説明で、ワキ脱毛のメリットがご理解頂けたでしょうか?

メリットを知って「今すぐにでもサロンと契約して脱毛の施術を受けたい」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンを選ぶ段になると、以下のようなことが心配になると思います——

・施術回数は最低でどれくらいなのか?
・料金は総額でいくら必要なのか?
・施術時の痛みはあるのか? 痛みのない方法は?

これらの疑問について、順番に説明していきましょう。

まず、施術回数について。脱毛というのは簡単なものではなく、たった1、2回の施術では完了しません。ムダ毛が半永久的に生えないようにするには、かなり長い期間が必要となります。

特にワキというのは、剛毛が集中的に生えている厄介な部位です。さらに毛根が深い箇所にあり、他の部位に比べて施術に時間がかかると言われています。そのため、顔や脚よりも施術の回数が増えてしまうのです。

もちろんサロンの脱毛方法や個人による差はあるのですが、脱毛完了まで12回〜18回、と見ておいた方がいいでしょう。

続いて料金について。

こればかりはサロンによって大きな幅があります。老舗の高級サロンになると、施術ごとにビックリするような金額を請求するところもあるそうです。

ただ、ワキ脱毛に関しては初心者向けで、大抵の店で料金は低く抑えられています。

「その中でも特にリーズナブルな店は?」と思ってネットで丹念に調べてみると、ぜひ推薦したいサロンがありました。

それは全国展開しているチェーン店「ミュゼ」。雑誌の広告で見た、という人もいるでしょう。

特に人気なのが「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金はわずか100円。缶ジュース並みの値段です。

こんな価格で施術してもらえるところは他にはありません。なるべく安価に脱毛したい人には最適と言えます。

最後に、痛みの有無、について。

結論を述べると、多くのサロンでは施術の際に痛みが伴います。

というのも、IPLによる脱毛というのは毛根が高熱によってダメージを受けるため、その周辺の皮膚も軽い火傷状態に陥ってしまうのです。いわば肌の奥にお灸をすえたような感じです。

もちろん火傷と言っても大したことはありませんが、毛穴が熱を持った状態というのはあまり快適ではありません。

このようなIPL方式の欠点を克服しようと、最近になって色々な方式が新しく考案されています。

その中のひとつが、SSC方式です。

SSC方式がIPL方式と異なるのは、クリプトンライトを使う、というところ。

IPLではムダ毛に光を当てるだけで脱毛効果が生じるのですが、クリプトンライトは単独では効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、肌に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを当てると毛根がダメージを受け、発毛が阻害できるのです。

SSC方式の最大の長所は、ジェルとの組み合わせで効果を発揮するため、高熱にする必要がないこと。したがって痛みも全くといっていいほどありません。

ちなみに、上で紹介したミュゼはこのSSC方式の脱毛機器を使っています。

「痛みが苦手なので脱毛はちょっと」という女性も、ミュゼなら大丈夫です。

4.ワキ脱毛を成功させるために

「ミュゼなら格安で痛みがないのでオススメ」と書きましたが、近所に支店がないこともあります。そんな時は、他のサロンと契約しなければなりません。

ただ、現在は脱毛人口が増えたせいで新規の店が続々と参入し、以前よりもサロンの数が多くなっています。
初心者はどこがいいのか判断に迷ってしまうでしょう。

また、各サロンが盛んにキャンペーンを行っているのですが、これも条件がややこしく、どこが1番いいのかわかりづらくなっています。

そこでサロンと契約する際、気をつけるべき点を3つほどあげてみます。

施術可能回数が多いプランを選ぶ

脱毛についてはまだまだ知識が乏しい人が多く、たとえば1、2回ほど施術すればその部位のムダ毛はずっと生えてこない、と思い込んでいる方がいるようです。

もちろん、そんなことはありません。1、2回の施術では、ムダ毛をしっかりと処置することなどできません。確かに施術後10日から1ヶ月ほどで部位は無毛状態になりますが、一定期間が経過すれば毛は再生します。

ムダ毛が生えないようにするには、数ヶ月から数年、レーザーやIPLを肌に照射し続けなければなりません。

しかも硬い毛が密集しているワキのような部位となると、施術回数が多くなるのはやむを得ません。

大体の目安は12回〜18回ですから、施術回数が一桁の安いプランを選んでしまうと脱毛が終わらない可能性が高くなります。

そうなると結局は追加施術をしなければならず、その費用は馬鹿になりません。
そんな事態を避けるためにも、施術回数が多いプランを選ぶようにして下さい。

契約の前に返金制度や施術期限を調べておく

サロンと契約すると、その店に定期的に通うことになります。

しかし通い続けるうちに、色々と不満を覚える場合もあります。それが許せないレベルだと、契約を中途で解約したくなるでしょう。

解約を口にすると、サロンの方では当たり前ですがイヤな顔をします。
不快な事態を招かないためにも、契約前に解約の詳細を調べておくことが必要です。

またサロンによっては、施術期間にタイムリミットを設けていることがあります。
契約日から決められた日数が過ぎると、お金を払ったのに施術ができない、ということになりますので、これも契約前にキチンと確認しておくようにしましょう。

施術後の保湿ケアを心がけているサロンにする

暑い夏に入ると、ワキを露出する機会が増えます。
見栄えが良いように、ムダ毛はもちろん、黒ずみなどのトラブルもしっかりと治したいものです。

ケアのために重要なのは、肌の潤いをしっかりと保つこと。

脱毛サロンの中にはそのことに対応し、施術後の保湿サービスをしっかりとおこなっているところもあります。

こうした気の利いたサロンなら美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

5.脱毛サロンと医療クリニックの差はどんなところにある?

ワキ脱毛を行ってくれるところには、脱毛サロンと医療クリニックの2つがあります。では、これらには一体どんな違いがあるのでしょうか?

実は脱毛の原理については全く変わりません。施術では、特殊な性質を備えた光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に直接当てます。そして発毛を促進する組織(毛母細胞、毛乳頭など)に大きなダメージを与えるのです。

ではどこに違いがあるのかというと、その光の威力です。

レーザー光はサロンのIPLと比べると、桁違いのパワーを備えています。照射によって毛根組織は完全に破壊され尽くしてしまい、ムダ毛はその後全く生えてきません。

また、IPLでは脱毛が終わるまで10回以上の施術が必要ですが、レーザー脱毛ではその半分くらいで終わってしまいます。

もし「なるべく短い期間で脱毛を完了したい」と思っているなら、レーザーでの施術を選ぶべきです。

6.なぜワキ脱毛はリーズナブルなのか?

ミュゼの例でもお分かりの通り、ワキ脱毛の料金は非常に安くなっています。初脱毛でワキを選ぶ人が多いのは、施術がリーズナブルということもあるでしょう。

では、どうしてワキ脱毛は安いのでしょうか?

まずあげられるのは「ワキの面積が狭い」ということ。

実は脱毛料金は面積に応じて決定されることが多く、その点で元々ワキは安価な部位というわけです。

次の理由は、サロン側の”戦略”。

初心者は最初にワキ脱毛をやりたがるため、「その料金をグッと抑えることで、施術のハードルを低くできる」とサロン側が考えているのです。

ワキはリーズナブルな上に、サロンの技術もすぐ分かります。その点でも、最初の施術部位としてふさわしいといえるでしょう。

7.脱毛完了後、効果に満足できない場合はどうすればいい

ようやく施術が終わったものの、その効果に不満がある——。そんな時は続けて施術を受けられますが、追加費用がかなりかかります。

それがイヤなら他のサロンに乗り換えるのもいいでしょう。
ただ、カウンセリングからやり直すことになるので、かなり時間がムダになります。

こんな事態を避けるためにも、最初の契約時に高めのプランを選び、施術回数に余裕をもたせましょう。

8.脱毛してしまうとワキ汗の量が多くなる?

最後に、脱毛後の”ある噂”について、説明しておきます。

実はネットをチェックしていると、「脱毛した後、ワキ汗の量が増えてしまった」という口コミを何件か目にします。

そんな現象が、実際にあるのでしょうか?

最初に答えを言いましょう。——そんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗が増えた」と誤解している人がいて、そんな方たちが口コミを流しているようです。

調べてみると、

「脱毛が完了した後、これまでワキ毛でせき止められていた汗が肌を流れるようになり、量が増えたと錯覚する」

ということのようです。

つまり、単なる肌の違和感にすぎません。脱毛前と汗の量は同じなのです。

時間が経てば汗の流れにも慣れ、違和感もなくなるでしょう。

以上、ワキ脱毛の情報、サロンの選び方などについて、色々なポイントから説明してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページの知識を参考に、お気に入りの脱毛サロンを見つけて下さい。

脱毛が成功すればワキへの視線も気にならなくなり、肌の状態もきっと改善されていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

脱毛後に発症しがちな毛嚢炎

サロンや医療クリニックで脱毛

脱毛後に発症しがちな毛嚢炎(もうのうえん)とは?

サロンや医療クリニックで脱毛の施術をおこなう際は、専用のマシンを使います。

これらの機器には様々な種類があるのですが、現在主に使われているのはIPL(インテンス・パルス・ライト)やレーザーなど、特殊な光を照射するもの。これらの光はメラニン色素だけに反応するため、毛穴に当てると高熱が生じます。その熱によって毛の根元にある毛乳頭や毛母細胞を破壊し、脱毛効果を得るわけです。

毛根が高熱に包まれるので、どうしても毛穴やその周りの皮膚が軽いやけど状態になり、肌の水分が失われてしまいます。

乾燥状態におちいると、肌は元々備えているバリア機能を失いがちとなり、赤み、むくみ、かゆみといったトラブルが生じやすくなります。

それだけならまだしも、かゆみの箇所をうっかりかきむしったりすると肌の内部に菌が入り込み、症状の悪化につながりかねません。

そんな時によく見られる症状が、毛嚢炎です。

これは毛穴に菌が入り込んで炎症が起こり、膿が生じたもの。赤くなった毛穴はふくれてブツブツしています。「脱毛するとニキビができる」というネットでの噂は、この毛嚢炎をニキビと勘違いしたのでしょう。

炎症が肌の表面だけにとどまっていれば、痛みやかゆみなどは起こりません。そのまま放っておいても、1週間くらい経てば完治してしまいます。

しかし毛穴の深いところに感染が及ぶと要注意。ふくらんだ部分がおできのようになり、激しい痛みやかゆみが生じる場合もあります。

症状がひどい時は慢性化し、施術のたびに毛嚢炎を起こしてしまいます。
こうなってしまうと炎症の範囲が拡大し、完治したとしても肌に傷跡が残ることもあります。

そんな事態にならないためにも、施術のあとは入浴や激しい運動などを避け、デリケートな肌をケアするようにしましょう。

長岡の人気脱毛サロンランキングTOPへ