脱毛サロンについての基礎知識

ムダ毛処理をする際の脱毛グッズ

ちょっとしたブーム

ムダ毛処理には何を使えばいいの?

最近は有名タレントを起用したCMが流れるなど、脱毛はちょっとしたブームです。
サロンで施術してもらう人が確実に増えているせいか、「脱毛なんてすごく気軽なもの」と思いこんでいる人もいるようですが、必ずしもそうともいえません。

というのも、施術前には色々な条件があり、例えば予防接種をしたり、日焼けの度合いがひどい時など、施術そのものを断られます。

また意外なようですが、あらかじめムダ毛を自己処理していない人も、施術不可になる可能性が高いのです。

「ムダ毛を自分で処理する必要があるんなら、一体サロンでは何をするの?」と不思議に感じる人もいるでしょうが、自己処理と脱毛は元々異なった行為です。

サロンで主流となっている脱毛法は、光脱毛と呼ばれるもの。IPLという特殊な光を当てて毛根に高熱を加え、その機能にダメージを与えます。つまり、ムダ毛処理が要らなくなるように発毛そのものを阻害してくれるのです。

あらかじめ長いムダ毛を自己処理する必要があるのは、IPL照射の邪魔になるためです。

その処理方法ですが、「カミソリを使えばいい」と考える人が多いでしょう。

しかし、カミソリの刃は皮膚の角層まで削ぎ落とすことが多く、あまり使いすぎると黒ずみ(色素沈着)、埋もれ毛といった厄介な肌トラブルの原因ともなります。なるべく使用をひかえた方が無難です。

また毛抜きもポピュラーですが、脱毛期間中の使用は厳禁。

というのも、サロンでは上記のように毛根の組織を弱体化して発毛を阻害します。

毛抜きを使うと肝心の毛根がなくなってしまうため、施術の意味がなくなるのです。

ほかに除毛クリームも最近人気がありますが、肌へのダメージが大きく、おすすめできません。

では何がよいのかというと、電気シェーバーです。
これなら肌への負担が少なくてすみます。

自分でムダ毛を処理する時は、電気シェーバーを使うようにして下さい。

長岡の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛施術後に注意すること

脱毛終了して約2週間かけて脱毛効果が現れてきます。1回1回の脱毛効果を最大限に出す為には、いくつかの注意点があります。

まず、脱毛施術当日は入浴せずにシャワーのみにしましょう。レーザーをあてた肌は、軽くほてりが残ります。湯船に浸かり体温が上昇したり、過度な運動で汗をかくことで、ほてりが長引いたり、毛穴に炎症が起きる場合があります。

施術後サロンで冷やしてくれますが、帰宅後もほてりを感じる場合は、保冷剤等で施術部分を冷やして下さい。また、アルコール摂取も控えるようにしましょう。

紫外線によるダメージも避けた方がよいので、外出の際は日焼け止めをしっかりと塗りましょう。

脱毛施術後の保湿は脱毛効果を高めるためには欠かせません。

脱毛でダメージを受けた肌は、水分量が減り乾燥状態になりやすいです。肌が乾燥すると毛のターンオーバーが乱れ易くなりますので、脱毛効果が落ちてしまいます。限られた回数の中で、しっかり脱毛効果を実感できるよう、常に肌の環境を整えておく事が大切です。

また、施術後当日は、いつもより化粧水や乳液・クリームを多く塗り、保湿を心掛けましょう。

レーザーを照射後、数週間で毛が自然に抜け落ちます。抜けるまでの間にムダ毛が気になる場合は、肌に負担をかけにくいシェーバーでのお手入れをおすすめします。毛抜きの使用は厳禁です。毛根を刺激し、炎症を起こす可能性があるので避けてください。また、毛の周期を乱す事になるので、脱毛のサイクルが乱れてしまいます。

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛は、毛穴に針を挿しこみ、そこに電流を流していく脱毛方法です。一本一本の毛穴に針を挿入していく方法になっているため手間がかかりますが、確実な脱毛法として、エステやクリニックでも施術が行われていました。ただし、最近はレーザーや光脱毛の流行により、以前よりも施術を受けられる場所が限られています。また、針を使っていく方法になるため、今では医療行為が行えるクリニックでのみ許可されている脱毛方法になっています。

ニードル脱毛のメリットと言えば、永久脱毛ができる点にあります。毛穴に電流を流すと毛根の働きを完全に破壊することができます。その結果、毛が生えてくることもなくなり処理の必要がなくなるのです。産毛が生えてくることも防止したい方にとっては、理想的な方法になるでしょう。また、太い毛だけではなく産毛にも効果があるため、色々な毛に効果を感じることもできます。ニードル式では、毛穴さえあれば毛根を破壊していくことができます。レーザーや光のように毛の色に左右されることなく施術を行えるので、毛の太さや色に関わらず充分な効果を得られるようになるのです。

ニードル脱毛は効果の高さが魅力になっていますが、痛みを感じやすいデメリットも存在しています。毛穴に電流を流すことで強い痛みを感じやすくなってしまうのです。痛みに慣れない方は麻酔を利用する必要があるでしょう。また一本一本仕上げていくため、ある程度の時間も必要です。

レーザー脱毛とは

●レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛はとくに効果が高いということで知られています。

脱毛サロンでフラッシュ脱毛を受けていくよりも高い効果を期待していくことができるために、脱毛サロンで効果を得られなかったというひとがレーザー脱毛を受けにクリニックを訪問するということも多くなっています。

●レーザー脱毛のメリット

メリットはやはり脱毛効果が高いということです。

とくに最近のレーザー脱毛は以前に増して効果が高くなっています。

レーザー脱毛技術が日々進歩していますから、とくに効果が年々増しています。

とくに肌にやさしく施術をしていくことも可能になっているのがいまのレーザー脱毛です。

以前はレーザー脱毛というと、かなり高額の費用がかかるイメージがありましたが、いまではかなり安くしていくことも可能になっています。

また、レーザー脱毛はとくに肌に負担をかけないようにしながら、高い効果を発揮することができるようになっています。

ですからとくにデリケートゾーンの脱毛を考えている方にもおすすめできます。

●レーザー脱毛のデメリット

デメリットはとくに施術に時間がかかりがちだということです。

ですから背中などの広い部位の脱毛にはあまり向きません。

ただし脱毛効果が高いために施術に通う回数自体はかなり少なくなる傾向にあります。

1回あたりの施術に時間がかかっても、通う回数が少ないほうが負担が少ないというように感じる方にはおすすめです。

光(フラッシュ)脱毛とは

●光脱毛の特徴

光脱毛はとくに肌への負担が少ない脱毛方法として知られています。

こういったところから、光脱毛を選択する女性も多くなっています。

●光脱毛のメリット

とくに光脱毛はいまではとても肌にやさしくしていくことができるようになっています。

とくに脱毛の部位によっては肌が繊細でダメージを受けやすいところがあります。

たとえばビキニラインのような部位を脱毛していきたいというような場合、やはり肌にやさしい施術というものが望まれます。

こういったときにおすすめなのが、やはり光脱毛だということができます。

光脱毛というのはとくに他の脱毛方法とくらべても肌へのダメージがきわめて少ないということで知られています。

ですからデリケートな部位の脱毛をしていきたいというような場合には、この光脱毛が一番おすすめだということができます。

とくに光脱毛は他の脱毛方法よりも肌にやさしいということはお話しました。

そしてとくに脱毛サロンによっては、より肌にやさしい設計になっているところがあります。

ですから光脱毛をしていくにあたっては、こういったサロンを選ぶようにするとより効果的だということができます。

また、こういったサロンではとくにデリケートゾーンを安く脱毛できたりします。

●光脱毛のデメリット

光脱毛は肌に刺激が少ない反面、効果が出にくいということでも知られています。

ですから施術を受ける回数が多くなりがちです。