顔脱毛で産毛を処理しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顔は人間の体の中で1番表情豊かなパーツ。その人のキャラクターが自然とあらわれる部位だけに、その見栄えを気にしてしまうのも当然です。

ところで、毎日顔の手入れをしていると、つい「邪魔だなあ」と思ってしまうものがあります。

それは頬、鼻、フェイスラインなどに伸びている産毛——。

特に鼻の下にある産毛は、影のつき具合によってヒゲそっくりに見えることがあります。カミソリなどで自己処理することになりますが、肌に刺激が強く、続けていると黒ずみなどの症状を起こすことも。

普段から顔の美しさにこだわっている女性にとって、とにかく産毛はトラブルメイカーです。

こんな産毛を根絶しようと、最近は脱毛する人も増加しています。

昔、顔脱毛の料金は安くありませんでした。ところが新しい脱毛技術が導入されることで費用も値下げされ、以前より気楽に施術できるようになっています。

とはいっても、これまでサロンとは縁がなかった人にとって、契約書を交わした上で施術に通うというのは何となくハードルが高いものです。

そこで、このページでは顔脱毛に関する情報を提供し、店の選び方などについても解説してみることにしました。

以下の情報が、産毛で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

脱毛の施術ではレーザー系の光を使う

顔脱毛について詳細を述べていく前に、まず今の脱毛の施術がどのような方法で行われているのか、ちょっと解説しておきます。

以前、脱毛というのはかなり面倒な作業でした。施術用に作られた「プローブ」と呼ばれる針を毛穴ひとつひとつに突き刺し、電気によってその毛根組織を焼き切っていたのです(これを「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と呼びます)。

この方法は毛根に損傷を与えるという点では優れているのですが、何しろ針をグサグサ刺していくわけですから、どうしても痛みがあります。
おまけに電気を通すわけですから、痛みが苦手な人にとっては拷問じみた怖さがあります(おかげで「脱毛は痛いもの」という印象が世間に定着してしまいました)。

やがてこのニードル脱毛は「時間がかかりすぎる」という理由もあって流行らなくなりました。いまでは一部の医療クリニックでしか使われていません。

では現在用いられている脱毛方法は何かと言うと、痛みが軽微で効率の良い「光脱毛(フラッシュ脱毛)」。

光脱毛はレーザーの原理を応用したもので、肌に光を照射するだけで脱毛できるのが大きな特徴です。

レーザー系の光は波長ごとに色々な色素に反応するのですが、脱毛用の光の場合は、黒いメラニン色素にぶつかると熱エネルギーに変化します。

その結果、皮脂腺開口部、毛乳頭、毛母細胞といった組織が高熱に包まれ、発毛が阻害されるわけです。

レーザー系の光のうち、サロンで最もポピュラーなのが「IPL(インテンスパルスライト)」というもの。

このIPLは脱毛以外にも、くすみ、毛穴の引き締め、赤ら顔、ニキビ痕などの治癒に使われていた実績があります。脱毛の施術中も肌にケア効果をもたらし、コンディションが良くなる、というおまけつき。

最近では、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新方式が次々と発明され、店によって施術方法も多種多様になってきました。

これらの方式についてはメリットとデメリットがあります。
それらを知った上で、自分にピッタリなものを選べばいいでしょう。

顔脱毛の平均費用はいくらくらいなの?

顔脱毛をしようと決めた時、1番気になるのはその料金でしょう。

有名サロン20社のデータを集めて平均料金を算出すると「41,033円」になりました。

脱毛の費用は高い、と思い込んでいた人は「案外安い」と思うかもしれません。

ちなみにサロンばかりでなく、医療クリニックでも顔脱毛は可能です。

こちらもデータを集めて平均料金を出すと「131,325円」となりました。

つまり、医療クリニックで施術を受けると、料金はサロンの3倍以上になってしまいます。

さすがにこの金額を見ると「ちょっとお高い……」と感じる人が多いかもしれません。

ただクリニックでは毛根を完全に死滅させる「永久脱毛」が可能です。これは普通のサロンではおこなっていません。

サロンを選ぶかクリニックを選ぶか、自分の希望に合わせて決めて下さい。

「お試しコース」で脱毛を体験してみよう

脱毛の初心者を顧客にするために、大抵の有名サロンではお得なお試しコースが用意されています。これによってその店の脱毛技術、サービス、接客態度等がチェックできますから、おすすめです。

なお、申し込みする場合は電話はやめて特典のあるネット経由にしましょう。希望するサロンのHPへ行き、料金を確認した上で手続きします。

その時、店へ行く日を予約。それから出向くことになりますが、施術より前に受けるのがカウンセリングです。内容は、施術を希望する部位の聞き取り、脱毛についてのガイダンス、プランに関する説明など。

初日はこのカウンセリングだけで終り。施術の方は、予約の上で後日受けることになります。

施術の時は——

・スタッフの接客態度はいいか?
・施術に痛みはともなうか?
・術後の保湿ケアはしっかりしているか?

などをチェックしましょう。

これでよい印象なら、正規プランの契約をしましょう。印象が悪いなら他のサロンをネットで調べ、また「お試し」に行くことになります。

最近は脱毛が大流行でサロンも増えています。自分に合った店にやがて出会えるはずです。

顔脱毛で評判の「キレイモ」と「ジェイエステティック」

顔脱毛で人気を集めているサロンを2つあげてみましょう。

まず、知名度抜群の「キレイモ」。ぺこ&りゅうちぇる、板野友美、渡辺直美などのCMを見た人も多いでしょう。

ここの顔脱毛の特徴は、他のサロンよりも施術可能な部位が多いこと。他店で脱毛したものの不満で、キレイモで改めて施術し直す女性もいるようです。

続いて推薦したいのは、「ジェイエステティック」。

ここで最も人気のあるのが「フェイス6」というプラン。料金が1回あたりわずか2,500円なので、「脱毛はなるべくリーズナブルにしたい」という人にはもってこい。

またヒアルロン酸のジェルを使っているので、施術の熱のせいで乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「サロンの数が多すぎて、どこと契約すればいいのか分からない……」と悩んでいる人は、この2つのサロンの情報をチェックしてみて下さい。

以上、現在の脱毛方法、平均的な費用、お試しコース、評判のサロンについて紹介してみました。

これ以降は、施術に通ううちに感じてしまう疑問や、脱毛を効率よくおこなうための注意点について、具体的に解説していきましょう。

施術は歯の治療を受けているとできない?

毛には一本一本に毛周期というものがあり、成長の周期はバラバラです。施術はその周期を考慮しなければならないため、どうしても手間と日数がかかってしまいます。

「脱毛ってなんで数ヶ月もサロンに通う必要があるの?」と疑問に思う人もいるのですが、完全に毛が生えないようにするにはそれくらいの期間は必要です。

このようにサロン通いが長期になるため、その期間中に虫歯になり、歯医者で治療を受けなければならない、という人も出てくるでしょう。

日数をたっぷりあけて予約が取れればいいのですが、色々な都合で脱毛の施術と歯の治療が連続してしまう可能性もあります。こんな場合、何か問題は起こらないのでしょうか。

気になるのでいくつかのサロンに聞いてみると、「普通の歯の治療なら、日を置かずに脱毛の施術もオーケー」とのこと。

ただ、ひとつ注意する必要があるのは、歯医者で渡される痛み止めについてです。

実は、痛み止めの中には「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こすものがあります。

これは、強い光を当てると皮膚が過剰な反応を起こし、むくみ、かゆみ、水ぶくれなどが生じるというもの。痛み止めを摂ったら必ずこの症状が出るというわけではありませんが、万が一に備えて施術前の痛み止めの摂取は禁じられています。

もしそれを知らずに摂取してしまったら、必ずスタッフに申告するようにしましょう。

また歯列矯正をしている人も、そのことを施術前にスタッフに言って下さい。施術の光が器具に反応して熱を発し、口の中が火傷してしまう可能性があります。口周りの施術は避けるべきです。

ただ、非金属(プラスチックやセラミック)の矯正器具なら、問題なく施術できます。

このように条件は複雑なので、不安なことがあったらスタッフに必ず相談し、施術するかどうか判断してもらいましょう。

脱毛でニキビの症状が悪化する?

サロンでは施術に当たって色々な条件を設けています。

たとえばムダ毛が長いとそこで光が反応し、皮膚を火傷することがあります。
それを避けるために客の方で毛を剃っておく必要があるのですが、ついそれをサボってしまう人もいます。
その場合、そこの施術は後回しになります。

また皮膚の極端な乾燥も施術中止の一因となります。肌の乾燥がひどいと、光による高熱で無用なトラブルを招きやすくなるからです。

では、ニキビのために施術が不可能になる、ということはあるのでしょうか?

サロンに質問してみたところ、ほとんどの店では「ニキビがあっても施術は可能」とのこと。

というのも、施術ではメラニン色素を含んだ発毛組織に損傷を与えるだけで、ニキビのできた肌には影響がないからです。ですから施術しても問題はありません。

ただ、あまりに炎症がひどいときは施術で症状が悪くなることもあります。大事を避けるためにスタッフに判断してもらった方がいいでしょう。

施術の光のせいで、シミやそばかすができる?

上で述べたように現在の脱毛方法は、メラニン色素に反応するレーザー系の特殊な光を肌に照射する、というものです。これは医療クリニックでもサロンでも同じことです。

「レーザーのような強烈な光を肌に当てたら、日焼けした時のようにシミができるのでは?」と不安を感じる人もいるかもしれません。

確かに紫外線による日焼けはお肌の大敵。サロンのIPLも光度の大きいものなので、太陽と同じように肌に悪い影響を及ぼすのではないか、と思い込みがちです。

しかしこれまでに書いたようにサロンで用いられる脱毛器は、エステで肌トラブル解消のために使用されてきた実績があります。肌のケアをおこなうくらいですから、決して皮膚を傷つけるものではありません。

「でもネットにはよく『顔脱毛をやったせいで、そばかすやシミができた』という口コミが投稿されているけど?」

そういう例を出して反論する人がいるかもしれません。

このようなことについては、2つの理由があげられます。

まずターンオーバーが活発化したため、深層に潜んでいたシミ予備軍が肌の表面に出てきた、というもの。

施術のせいで新陳代謝が進行し、隠れていたシミが肌にあらわれることは珍しくありません。

ただ、それらはさらにターンオーバーが進むにつれ、ほとんどが消滅してしまいます。

あと施術の影響で乾燥した肌に傷がつき、術後のケア不足からそれが痕になってしまうケース。これをシミだと勘違いしてしまうことがあります。

いずれにせよ、シミなどが残るのは脱毛が直接の要因というわけではありません。施術を受けても、その後の保湿をしっかりすれば大丈夫です。

施術に出かける時、化粧していていいの?

契約を交わし、いざサロンに出かけようという時、初心者が困惑するのが、

「化粧をしていっていいのか?」

ということ。

なにしろ顔を施術するわけですから、メイクしたままでは邪魔になります。

しかし10代の女の子は別として、常に化粧をしている女性がサロンに着くまでスッピンでいろというのも酷な話です。初心者が不安を覚えるのも当然といえます。

結論を先に言ってしまうと、普段のようにメイクをしていっても大丈夫です。

というのも、サロンには大抵化粧用のブースがありますし、店によっては施術担当者がメイクを落としてくれるサービスもあります。

ただ、いくらそんなサービスがあるといっても、メイクが念入りだとそれだけオフするのに手間がかかります。

スタッフに嫌な顔をされないためにも、化粧は控えめにして出かけましょう。

以上、顔脱毛の詳細な情報、そしてサロンの選び方等について紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページの知識を参考に、自分に合ったサロンを見つけて下さい。
産毛を脱毛することで毛抜きやカミソリを用いる必要もなくなり、肌の状態も改善されていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*