家庭用脱毛器を賢く買う方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前は「有閑マダムの贅沢」というイメージだった脱毛も、最近はすっかり一般的になりました。
一部のサロンや医療クリニックはコマーシャルのせいで有名になり、予約で一杯のようです。

ただ「わざわざ予約を取るのが面倒くさい」「お金や時間の余裕がない」「スタッフに股間やバストなどの部位を見せたくない」といった理由で、サロンやクリニックを避ける人もいます。

そんな人たちの間でよく売れているのが、家庭用脱毛器です。

「自分もぜひ購入して使ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、その価格は決して安くありませんし、種類も驚くほど多く、どれが自分向きなのかすぐには判断がつきません。
気まぐれに購入してガッカリしないためにも、機種の効果や特徴に関して、あらかじめ把握する必要があります。

そこで、このサイトを立ち上げました。家庭で思う存分脱毛したい、という人のために、賢い家庭脱毛器の選び方などについて、解説していこうと思います。

家庭用脱毛器の発売とその普及について

家庭用脱毛器
1980年代に発表された「選択的光熱凝固理論」は、紀元前から続いてきた脱毛の歴史の中でも時代を画する大発見でした。欧米では、その理論を用いた器械が1990年代になって実用化。
そして2000年代に入って日本にも輸入され、施術に使われるようになります。

ただ、それらはあくまでも店舗で使う大型マシン。家庭で自己処理する場合は、カミソリ、毛抜といった昔ながらのツールしか使いようがありませんでした。

そんな中、家庭用にアレンジされた光脱毛器「アイエピ」が2005年に発売されます。

実は以前も家庭用脱毛器は販売されていたのですが、その脱毛効果が良くなかったため、あまり注目されませんでした。
ところがこの「アイエピ」は店舗並みの脱毛ができるというのですぐに大評判となり、家庭に脱毛器を普及させる原動力になったのです。

そして別の人気機種の発売が続き(2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」)、現在の家庭用脱毛器の隆盛をうながすことになります。

これらの家庭用脱毛器の登場は、ムダ毛が大きな悩みだった人にとってビッグニュースでした。

何しろサロンや医療クリニックで施術を受けるとなると、肌がツルツルの無毛状態になるまで数ヶ月から数年、わざわざ店や医院に通わなければなりません。途中でうんざりしてしまう人も多いですし、料金が10万円以上に及ぶことも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、店舗と同じような効果が期待できる上にお金も大幅に節約できるのですから、すぐに売れ筋商品になったのも当然でしょう。

ただ脱毛器は、うまく選ばないと当たり外れが大きい、と言われています。以下に解説していく機種の特徴、方式の利点・難点などをしっかり把握し、自分に合った脱毛器を見つけて下さい。

脱毛器選びで注意したい点

注意したい点
下の文章でも解説していますが、家庭用脱毛器の方式にはいくつかの種類あり、その違いが効果にも大きく影響します。

ですから、購入時にはある程度脱毛についての知識が必要で、「色やデザインがお気に入りだったから」といった理由で購入してしまうと、結果に不満を持つことになりがちです。

自分にふさわしい家庭用脱毛器を買うためには、次のような点に注意しましょう——

照射出力の強さ

脱毛効果の感じ方は人によって違うので「絶対だ」とは言えませんが、照射出力の大きさと脱毛効果は比例するのが普通です。結果をしっかり出したい人は、出力の大きいタイプを選ぶ方がいいでしょう。

ただ、パワーが強いと、それだけ火傷、かゆみといった肌トラブルも生じやすくなります。
トラブル回避のためには、出力を細かくコントロールできる機種を買うべきです。

照射範囲も重要

どれだけの面積を1回の照射で処理できるのか。その点は機種によって相当違いがあるため、事前にネットなどで調べておきましょう。

手入れに時間がかかりすぎると、脱毛器の使用そのものが面倒になります。「高い機種を買ったのに、いつの間にか使わなくなった」という羽目におちいりがちなので、照射範囲の数値はしっかりチェックして下さい。

手入れしたい部位に対処しているか?

人によって脱毛したい部位は異なります。

家庭用脱毛器の購入時は「どこの処理に使う予定か」を忘れず、「どの機種が希望の部位に対応しているのか」を確認して下さい。

特に「顔」や「VIO」を手入れしたい人は注意しましょう。他の部位には対応しても、デリケートなところには使えないものが少なくありません。

公式サイトには未対応の部位を記してあることが多いので、まずチェックしてみましょう。

コストパフォーマンスは優秀か?

「本体を安く手に入れて喜んでいたのに、カートリッジの値段にゲンナリした……」

脱毛器の購入については、そんな話を時折耳にします。

家庭用脱毛器にはタイプが色々あります。価格だけでも、2万円弱から10万円強まで機種がそろっていますが、使用とともに消耗するカートリッジの費用を忘れてはいけません。

脱毛器を求める際は、本体の値段はもちろんですが、カートリッジの価格とその交換頻度も忘れずに調べておきましょう。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

・プロの脱毛よりはるかに安い出費ですむ
・サロンや医療クリニックに通わなくていいので、交通費がいらない
・「人目にさらしたくない」という部位も、徹底的に脱毛できる

デメリット

・うなじ・背中・ヒップといった目で確認できない部位は、手伝いが必要
・一人きりで長期間の処理をおこなうので、つい途中で怠けてしまう
・肌トラブルの予防と対処が、結構邪魔くさい

家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?

永久脱毛はできる?
家庭用脱毛器は店や医院にあるマシンを小型化したもので、照射できる光は全く同じです。

ただ、火傷などを防ぐため、照射出力はかなり小さくなっています。そのため、光の強いパワーが必要とされる永久脱毛はできません。

ちなみに、サロンでも永久脱毛は不可能です。一般サロンで出来るのは「抑毛」であって、一旦ツルツルになってもやがて毛は再生します。

永久脱毛を望む場合、医療クリニックでレーザー脱毛を受けて下さい。

家庭用脱毛器の脱毛方式について

脱毛方式について考える
家庭用脱毛器で使われている脱毛方式を、いくつか紹介してみましょう——

フラッシュ式

ほとんどの家庭用脱毛器で採用されている脱毛方式が、フラッシュ式です。サロンと同様、メラニン色素に反応するIPLというライトを用います。

このIPLを肌に当てると、毛根だけが高熱に包まれ、大きな損傷を受けます。
そして長期間照射をおこなうと発毛器官が衰え、毛の成長が止まってしまうわけです。

この方式のメリットは照射口が大きく、ワンショットで広い範囲を手入れできること。そのために処理時間も短く、広い部位には最適です。

火傷防止のために照射パワーは限定されていて、安全対策も完璧です。ほとんど痛みもありません。

デメリットは脱毛完了まで長い時間がかかることですが、それでも1年くらいの照射で、肌が無毛状態になります。

レーザー式

レーザー式は、医療クリニックでよく用いられている脱毛方式です。ムダ毛のある肌にレーザー光を当てると毛乳頭などの発毛器官が損傷を受け、毛が伸びなくなります。

レーザー光は指向性が高い(まっすぐ進んで広がらない)ため、その破壊力は強烈です。脱毛完了までの日数も短くてすみ、約3ヶ月で効果が出てきます。また、指などの細かい部位を処理したい人に向いています。

ただ欠点もあり、広い部位だと1回の処理に時間がかかり、打ち漏れも起こりやすくなります。

そして破壊力が強いゆえの「痛み」も大きなデメリットです。ネットでも「思った以上の痛みがあり、つい『うっ』と声がもれました」「照射の直前は怖くて鼓動が激しくなります」といった口コミが目立ちます。

特に痛みを感じやすいのは、脇、骨付近のスネ、デリケートゾーンなどで、もしこれらの部位を手入れするなら、パワーを相当小さくした方がいいでしょう。

あと、レーザーは黒色にぶつかると熱エネルギーに変化します。日焼け、シミ、ホクロには何かカバーをするか、照射自体を避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

ムダ毛をピッカーと呼ばれる金属の先端でつまみ、ごく弱い電気を流して発毛を阻害するのが高周波(超音波)式。光を使わないため、眉・額の生え際といった目の周りの部位も安全に手入れできます。

また、他の方式では処理の難しい日焼け肌の毛・白髪も、高周波の場合、対処可能です。

ただ、1回の処理には手間がかかり、足・背中などの広い部位だと大変です。ささっと手入れをすませたいなら、フラッシュ式の方が向いています。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式の各方式は、毛根の発毛機能を高熱により弱体化し、毛が伸びないようにします。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、発毛機能にはダメージを与えません。

サーミコン式脱毛器は、ムダ毛をヘッドの熱線に当てて処理します。表層に出た部分を焼くだけなので、毛はすぐに伸びてきます。

ただ、処理すると毛先が丸くなるため、カミソリで生じるチクチク感がイヤだという人には向いています。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーのスリットにムダ毛を絡ませ、そのまま引き抜くというもの。

つまり毛抜と変わらないのですが、広い面積をさっと手入れできるのが利点になっています。もちろん毛穴はダメージを受けるため、肌を大事にしたい人にはおすすめできません。

よく売れている家庭用脱毛器の値段

家庭用脱毛器の値段について
「家庭用脱毛器を買おう」と決めた時、まず調べたくなるのがその値段でしょう。

ここではネットのデータを元に、よく売れている家庭用脱毛器の価格を一覧にしてみました(「照射面積」「ワンショットでの単価」も添えておきます)。

・ケノン
値段…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方センチ
ワンショットでの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
値段…49,299円(税込)
照射面積…6平方センチ
ワンショットでの単価…1.78円

・4x
値段…38,999円(税込)
照射面積…1平方センチ
ワンショットでの単価…0.08円

・ラヴィ
値段…40,000円(税込)
照射面積…6平方センチ
ワンショットでの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
値段…116,640円(税込)
照射面積…12平方センチ
ワンショットでの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
値段…57,998円(税込)
照射面積…4平方センチ
ワンショットでの単価…0.20円

・光エステ
値段…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方センチ
ワンショットでの単価…0.29円

これらのうち、1番ハイレベルな機種はレイボーテグランデの116,640円、そして1番格安なのは光エステの25,200円です(ちなみにさらに安いものもあるのですが、それらは実際には「除毛器」なので除外しました)。

上で書いたように、購入時にはカートリッジの価格を考慮しなければなりません。一覧では省きましたが、カートリッジの費用がどれほどなのか、自分で調べておきましょう。本体とカートリッジの合計を比較することで、実際の価格差がハッキリします。

そして、ワンショットでの単価も重要なファクターです。

一覧を見て、「ワンショットの差なんて取るに足らない」と考える人もいるでしょう。

しかし、脱毛は1回の照射では終わりません。処理部位に2週間に1回、光を当て続ける必要があります。つまりワンショットならわずかな違いでも、継続することで相当な差となるのです。

最後に「照射範囲」も大切です。1回の照射面積の数値に反比例してショットの数は減少しますから、そのデータによってカートリッジのコストが変化します。

なお、4xの照射面積がとりわけ狭くなっていますが、これは4xがレーザー式だから……。
レイボーテグランデやケノン(2つともフラッシュ式)と比較すると、大きな違いがあります。

広い部位を処理するなら、ワンショットでの単価と照射面積を必ずチェックしておきましょう。

以上、家庭用脱毛器の長所と短所、選び方のコツなどについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

何度も書いたように、家庭用脱毛器で得られる効果は方式&機種次第です。
そのデータをきっちり調べておくことが、賢い購入のコツとなります。

ぜひ自分にふさわしい機種を手に入れ、快適な脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*