脱毛後に発症しがちな毛嚢炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サロンや医療クリニックで脱毛

脱毛後に発症しがちな毛嚢炎(もうのうえん)とは?

サロンや医療クリニックで脱毛の施術をおこなう際は、専用のマシンを使います。

これらの機器には様々な種類があるのですが、現在主に使われているのはIPL(インテンス・パルス・ライト)やレーザーなど、特殊な光を照射するもの。これらの光はメラニン色素だけに反応するため、毛穴に当てると高熱が生じます。その熱によって毛の根元にある毛乳頭や毛母細胞を破壊し、脱毛効果を得るわけです。

毛根が高熱に包まれるので、どうしても毛穴やその周りの皮膚が軽いやけど状態になり、肌の水分が失われてしまいます。

乾燥状態におちいると、肌は元々備えているバリア機能を失いがちとなり、赤み、むくみ、かゆみといったトラブルが生じやすくなります。

それだけならまだしも、かゆみの箇所をうっかりかきむしったりすると肌の内部に菌が入り込み、症状の悪化につながりかねません。

そんな時によく見られる症状が、毛嚢炎です。

これは毛穴に菌が入り込んで炎症が起こり、膿が生じたもの。赤くなった毛穴はふくれてブツブツしています。「脱毛するとニキビができる」というネットでの噂は、この毛嚢炎をニキビと勘違いしたのでしょう。

炎症が肌の表面だけにとどまっていれば、痛みやかゆみなどは起こりません。そのまま放っておいても、1週間くらい経てば完治してしまいます。

しかし毛穴の深いところに感染が及ぶと要注意。ふくらんだ部分がおできのようになり、激しい痛みやかゆみが生じる場合もあります。

症状がひどい時は慢性化し、施術のたびに毛嚢炎を起こしてしまいます。
こうなってしまうと炎症の範囲が拡大し、完治したとしても肌に傷跡が残ることもあります。

そんな事態にならないためにも、施術のあとは入浴や激しい運動などを避け、デリケートな肌をケアするようにしましょう。

長岡の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*