効果が高くて安い背中脱毛サロン@長岡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【2019版】背中脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@長岡

長岡で背中脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ジェイエステ長岡店

長岡市内にあるジェイエステの店舗情報

長岡店 〒940-0867 新潟県長岡市豊1-584-1
国道8号線沿いパルス敷地内あっぷるぐりむさん隣

ジェイエステ長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステ長岡店でカウンセリングを受けてみる

TBC長岡店

長岡市内にあるTBCの店舗情報

長岡店 〒940-0061 新潟県長岡市城内町2-6-1
高野不動産駅前ビル4F
長岡駅大手口から徒歩2分

TBC長岡店で
無料カウンセリングを受けてみる

TBC長岡店でカウンセリングを受けてみる

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

背中脱毛をする前に知っておきたい4つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.背中脱毛の施術料は大体どれくらい必要なのか?
3.背中の毛は、施術の結果があらわれにくい?
4.背中の毛でも処理が可能な方法とは?

1.サロン選びの際の注意点!

背中は、脱毛の対象部位としては体で最も面積の大きいところです。そのため、サロンやクリニックでは「背中上」「背中下」の2つに分けて施術をおこなうようになっています。

それぞれの範囲ですが、「背中上」は首の付け根から肩甲骨の付近まで、「背中下」は肩甲骨からウエストラインまでとなっています(それより下の部位にいくと「腰」または「ヒップ」となります)。

ちなみに、施術のターゲットはその面積にしたがって「Lパーツ」と「Sパーツ」の2つに分けられることが多く、料金は面積の大きいLパーツの方が当然高額となります。

背中は「背中上」「背中下」に分けてもまだまだ大きいため、両方がLパーツになります。

ところで、背中脱毛にはうなじが含まれていないのですが、それについてひとつ注意が必要です。

というのも、背中上を脱毛すると肌の見た目の色が違ってくるため、うなじとの間に薄い境界線が生じてしまうのです。

そうなると見た目がみっともないと思う人もいるので、最初から背中上とうなじを同時に脱毛するプランを選んだ方がいいでしょう。

2.背中脱毛の施術料は大体どれくらい必要なのか?

「脱毛してみようか」と思った時、まずチェックしたくなるのはその料金でしょう。美容については「とにかく費用がかかる」というイメージがあるので、気にかかるのも当然のことです。

そこで、サロンと医療クリニックで脱毛してもらうとなるとどれくらいお金が必要なのか、ざっと紹介してみます。

まず、サロンからです。

銀座カラー

銀座カラーでは「スタンダードチョイス」というプランを推薦します。背中上、背中下のどちらかが施術できて、8回セットで42,000円。そして75,200円の「脱毛し放題」を選ぶと、気が済むまで施術を受けられます。

TBC

オススメしたいのは、背中の上下を脱毛できる「チョイスプラン」。Lパーツを自由に選べて1回分が6,000円、6回セットなら26,400円にディスカウントされます。さらに1回だけですが、Sパーツの部位もタダで施術可能です。

ミュゼ

「フリーセレクト美容脱毛コース」を選ぶと、Lパーツ4回が12,000円です。背中は上下2つに分けられていて、「上を2回下を2回」「上を3回下を1回」という風に、4回分を好きに割り振れます。

ジェイエステティック

オススメは「後ろ姿美人プラン」。うなじ、背中の上が各4回セットになっていて、料金は18,000円。また、両ワキ脱毛12回コースが無料でサービスされるため、うなじ、ワキ、背中上の3部位を一気に脱毛できます。

次に、医療クリニックです。

リゼクリニック

ここでは背中は2分割されず、全体が1部位として扱われます。費用の方は5回コースで79,800円。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは、背中は2つに分割します。1回の費用はそれぞれ17,410円ですが、6回コースを選ぶと81,000円になります。

アリシアクリニック

リゼクリニックと同じく、背中は1部位として扱われます。料金は5回で55,000円と非常にリーズナブル。

また、「背中+えりあし脱毛セット」というプランを選ぶと、5回で103,200円です。

イセアクリニック

「背中+うなじ脱毛」のコースにすれば、5回で98,800円となります。

以上、有名サロンとクリニックの施術料をざっと紹介しましたが、コースやプランというのは条件がややこしくて理解しづらくなっています。
できれば公式サイトをじっくりと読み込み、その詳細を把握しておきましょう。

3.背中の毛は、施術の結果があらわれにくい?

実は背中の毛は、施術しても脱毛の結果があらわれにくい、とされています。というのも、ワキや脚に生えている剛毛と比べると、細い上に色が薄めだからです。

「細くて色が薄めだと、なぜ脱毛の結果があらわれにくいの?」と思われるでしょうが、それには今主流となっている脱毛方式が密接にかかわっています。

以下、サロンと医療クリニックで採用されている脱毛器の紹介をしながら、その理由を説明していきます。

現在のサロンで最も採用されているマシンは、「IPL脱毛」と呼ばれる方式のものです。

IPL脱毛は、太陽の光と似た照度の強いインテンス・パルス・ライト(IPL)をキセノンランプを通じて肌に一瞬だけ照射する、というもの。美容にIPLが使われ始めたのは脱毛用としてではなく、エステでシミ・くすみなどをケアするためでした(このケアは「フォトフェイシャル」と呼ばれています)。

しかし、IPLを肌に照射された顧客から「毛が薄くなった」「肌がツルツルになった」などの感想が次々と寄せられたため、改めて科学者が検証をおこなったところ、発毛機能を衰えさせる働きが証明されました。それ以後、サロンでも脱毛の施術に活用されるようになったのです。

IPLという光線の最大の特徴は、光の中にいくつかの波長が含まれていること。
そのため、肌に害を及ぼすことなく広範囲に照射することができます。
背中、脚といった面積の大きい部位にはピッタリで、施術にも時間がかかりません。

ただ、IPLは肌の各層に拡散するため、毛根を弱体化する力はそれほどでもありません。

一方、医療クリニックで最もよく使用されているのは、レーザー光を当てる「レーザー脱毛」のマシンです。

実はIPL脱毛、レーザー脱毛の双方とも、脱毛原理は同じです。肌へライトを当てると毛に含まれるメラニン色素のせいで熱エネルギーに変わり、やがてその熱が毛根に集まっていきます。毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部といった組織がその熱でダメージを受け、毛が生えなくなるのです。

ただ、その威力となると話が別です。レーザー光は局所的にパワーを集中できるので、標的となった毛根は壊滅的なダメージを受けます。そうなるとその部位はずっとツルツルのままです。

「そんなレーザー光なら、背中も効果的に施術できるのでは?」と思われるでしょうが、そう簡単にはいきません。

というのも、背中の毛のメラニン色素はごく少量で、光を当てても熱変換がされにくいからです。

「では、背中をうまく脱毛できる方法はないの?」ということになりますが、それについては以下の文章で説明していきます。

4.背中の毛でも処理が可能な方法とは?

背中の毛でも処理が可能な方法には、以下の3つがあります——

・S.S.C.方式の機器
・ダイオードレーザー
・ニードル脱毛

これらを順番に紹介していきましょう。

まず、S.S.C.方式です。S.S.C.は「Smooth Skin Control」の略で、イタリアのDEKA社が開発しました。

IPL方式との違いは、マシンのほかに専用ジェルを使うところです。

ジェルには、トレジャービーンズと名付けられたカプセルが入っています。ジェルを塗った上でクリプトンライトを当てるとこのカプセルが割れ、中の成分が毛穴に染み込んでいきます。

メインの成分となるのは、植物由来の物質を色々と配合した「フィリニーブ」。
抑毛効果が高く、さらに保湿効果も備えているため、術後の炎症抑制に役立ちます。

ライトも当てますが、脱毛効果があるのはあくまでジェルなので、背中の毛もしっかり処理できます。

続いて、ダイオードレーザーです。

クリニックの脱毛マシンにはいくつか種類があり、照射されるレーザー光も各自違います。

現在、よく使われているのは次の3つ——

・YAGレーザー
・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー

それぞれの特徴に応じて、得意とする肌質、毛質も違っています。

ダイオードレーザーの光源は半導体(ダイオード)。波長は810ナノメートルです。この長さはYAGレーザーとアレキサンドライトレーザーの中間に当たり、肌の深部にある毛根にも効果を発揮します。

ダイオードレーザーにも蓄熱式(SHR方式)とレーザー式(HR式)の2種類があるのですが、背中の毛にピッタリなのが蓄熱式です。

蓄熱式では、バルジ領域という部位を弱体化します。低音(65℃前後)のレーザーを照射し、熱を徐々に溜めていくことで効果を発揮。メラニン色素がなくても脱毛できます。

また痛みも大変軽く、施術にともなうストレスを感じさせません。

蓄熱式ダイオードレーザーの機器には、ソプラノアイス・プラチナム、それにメディオスターがありますが、それぞれレジーナクリニックとリゼクリニックで導入されているので、どちらかに通えばいいでしょう。

次にニードル脱毛です。この方法の歴史はかなり古く、150年近く前、アメリカで逆さまつ毛を処理するのに使われたのがその始まりだとされています。

特殊な針を毛穴に入れ、軽い電流を通して毛根を死滅させます。物理的に損傷を与えるために効果は高く、発毛機能は完璧に失われます。

また、脱毛効果にメラニンは無関係なので、背中も無毛にできます。

ここまでは問題ないのですが、実は厄介なデメリットが2つあります。ひとつは針を毛穴に入れるために痛みがひどいこと。中には痛みのせいで施術を中断した人もいます。

あとひとつは、手作業でムダ毛を一本一本処理するということで、どうしても費用が高めになる、ということ。最低でもレーザー脱毛の30倍の施術料が必要です。

これらのデメリットのせいで、施術できる人は限られてくるでしょう。

3つの方法を紹介してみましたが、このうち、1番楽に実行できるのはS.S.C.方式です。どれにすればいいか分からない人は、とりあえずS.S.C.方式にしてみましょう。無毛状態にするには時間がかかりますが、抑毛効果はすぐに出てきます。

ただ「背中の全ての毛を確実に処理したい」と考えているのなら、やはりニードル脱毛が1番でしょう。

いかがだったでしょうか? 背中脱毛の情報を色々と紹介してみました。

暑い季節になると開放的な服や水着を着る機会も増えます。そんな時に堂々と背中を見せられるよう、肌のコンディションを脱毛で整えておきましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*