脱毛と膿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

組織を弱体化する

毛嚢炎(もうのうえん)に注意

サロンやクリニックで現在行われている脱毛の施術というのは、メラニン色素に反応する特殊な光を照射し、毛乳頭や毛母細胞などの組織を弱体化するという方法を取っています。

光やレーザーが毛乳頭や毛母細胞に到達すると熱エネルギーに変わります。その熱は発毛機能にダメージを与えるほど高いものですから、どうしても毛穴や周りの肌にも熱さが伝わります。

そうなると軽いやけど状態となり、肌のバリア機能も低下。菌にも抵抗力がなくなります。特に施術部位である毛穴はデリケートな状態になっていて、炎症などのトラブルが生じがちです。

施術が原因で起こる炎症の中でも多いのが、毛嚢炎(もうのうえん)というものです。

上述したように施術後はバリア機能が低下し、毛穴も刺激に弱くなっています。毛嚢炎はそこに細菌が入りこんで炎症が起き、膿が生じたものを指します。見た目は赤くてブツブツしているので、ニキビと間違える人もいるようです。

炎症が肌表面にとどまっていれば、かゆみ・痛みなどもありません。放置しておいても、1週間くらいで治ってしまいます。

しかし、毛穴の深い層にまで広がった場合は、ふくらみが巨大化しておできのようになり、激しい痛みやかゆみが起こることもあります。この時も膿が自然に破裂すれば、すぐに症状が治まるようです。

ただ、施術のたびに毛嚢炎の発症を繰り返してしまうとなると問題です。最初は軽度だったのに段々と炎症の範囲が拡大していき、治ったとしても肌に傷跡が残ることがあります。

せっかくムダ毛を処理して肌をツルツルにしたのに、傷跡がついてしまっては施術の効果も台なし——。慢性化しないようにしっかりとケアしましょう。

長岡の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*