脱毛と膿について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

体の組織のひとつ

脱毛によって生じる毛嚢炎(もうのうえん)について

サロンやクリニックで行われる脱毛処理というのは、特殊な光を当てて毛根を破壊するという方法を取っています。

毛根といえども体の組織のひとつです。それを人工的に壊してしまうわけですから、どうしても体に負担がかかってしまいます。

そうやって抵抗力が落ちていると菌にも感染しやすくなりますが、特に施術部位である毛穴は刺激に弱くなっていて、何かとトラブルが起こりがちです。

脱毛が原因で起こる皮膚炎の中でも多いのが、毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれるもの。

上述したように施術直後は毛穴がデリケートな状態になっているのですが、毛嚢炎はそこに細菌が入って炎症が起き、膿が溜まったものを指します。
赤くてブツブツしているため、ニキビと間違えることもあるようです。

毛嚢炎の症状は様々で、炎症が表面にとどまっていれば、痛みやかゆみなどもありません。放っておいても、1週間程度で治ることがほとんどです。

しかし、毛穴の深い部分にまで感染した場合は、ふくらみが大きくなっておできのようになり、痛みやかゆみが生じることもあります。

痛みやかゆみが生じた場合でも、自然に膿が破裂すれば、すぐに症状が治まります。

ただ、注意すべきなのは、毛嚢炎の発症を繰り返してしまうこと。そうなると最初は軽度だったのに徐々に炎症の範囲が拡大していき、完治したとしても傷跡のようなものが肌に残ることがあります。

せっかくムダ毛を処理して肌をキレイにしたのに、傷跡がついては施術の効果も台無しです。
たかが毛嚢炎だと思っても馬鹿にせず、きっちりケアするようにしましょう。

天王寺の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*