埋没毛の原因と処理方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛ができてしまう原因

埋没毛について考える女性
埋没毛ができる原因は、ムダ毛を処理したときに深剃りをしてしまったり、ムダ毛処理の繰り返しやムダ毛を抜いたときに全て抜け切らず、残りの毛が毛穴に残ってしまったりしてしまうからです。また、ムダ毛を剃るときに逆剃りしたり、クリームを塗らずに剃ってしまうと起こりやすくなってしまいます。そこで毛穴に埋もれてしまうと、毛穴から出てこずに毛穴の中で毛が成長してしまいます。

埋没毛の処理方法

そんな埋没毛の処理方法、対策としては、角質ケアできるスクラブなどで毛穴をキレイにすることです。絶対に自分で無理矢理毛穴から出す、抜くなどはしてはいけません。余計に埋没毛を悪化させてしまいます。角質ケアで気になる箇所を洗い、古い角質を落としましょう。しかし、スクラブは肌を傷つけたり、余計な油分までも落としてしまうので、週一など決めて行った方がいいです。あと、ムダ毛処理をしたあとは必ず保湿をすることです。肌の乾燥も埋没毛に繋がっているので、保湿はかかさず行うようにしましょう。

対策としては、埋没毛になるべくならないようなムダ毛処理をすることです。カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりする自己処理を控え、きちんと脱毛に通い、毛穴や肌になるべく負担をかけないように処理をオススメします。もし自己処理をするのであれば、処理を行う前に毛穴を温めたりして開かせたりするのも対策の1つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*