脱毛サロンの勧誘を受けたらお金がないと断ってしまおう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘を上手く断る手段

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘の上手な断り方の1つとしてはお金がないと言う方法があります。

これは常套句として多くの人が使っている可能性があるので、脱毛サロン側も対策をしている可能性があります。

というのも、お金がない人用にもっと安いコースがあるからとか、そういったことで反論される可能性がありますから、場合によっては脱毛サロンの勧誘の上手な断り方にはならないこともあるのです。

ただ、現実的にお金がないということを相当レベルまでアピールした場合には、脱毛サロン側も諦めてくれる可能性は高いです。

というのも、お金がないというレベルが向こうの想像以上のケースであれば、さすがにそれ以上の勧誘はしてこないと思うのです。

そもそも収入が今ないということを伝える

だから、そういった考えにさせるために、お金がないというアピールをしないといけないということになります。

そのためには例えば、自分は今仕事をしていないとか、収入がほぼないということを言うと良いと思います。

働いていて収入はあるが、使えるお金が少ないというニュアンスだと、脱毛サロンの勧誘の上手な断り方にはならないこともあるのですが、そもそも収入が今ないということを伝えると、さすがにそれ以上の勧誘はしてこないのではないか?と思うのです。

脱毛サロンの勧誘を断るときには、そういう感じで答えていけば良いのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*